FC2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

*

soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools Loopmasters Sample Music Sale
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

MeldaProduction - MDynamicEq レビュー  先進的なUIの定番ダイナミックイコライザー

MeldaProduction - MDynamicEq レビュー


MDynamicEq01.jpg

MeldaProduction - MDynamicEq レビュー 
先進的なUIの定番ダイナミックイコライザー
通常価格8,395円(価格は為替により変動します)

MeldaProductionMDynamicEq』の詳細はこちらから

MeldaProductionは、ここ数年で多くのプラグインを発表してきました。
その多くは、他では見られないような機能を組み合わせたものとなっています。
MAutoDynamicEQも例外ではなく、ダイナミックEQとマッチングEQを融合させ、MeldaProductionのプラグイン全体で標準となっているその他の機能も豊富に備えています。

MAutoDynamicEQは「オート」と「ダイナミック」という側面を持っていますが、「通常の」EQとしても完璧に使用することができます。
最大7つのEQ
バンドを持っており、それぞれのバンドは、必要に応じて詳細に編集できる14のフィルター形状のコレクションを使用しています。

さらに、各EQバンドの基本周波数に加えて、最大16のハーモニクスを追加することができます。
各ハーモニクスのオン/オフは、それぞれのボタンで完全に独立して行います。

オートマチックEQ機能は、「マッチEQ」の考え方を取り入れた、非常に使いやすい機能です。
まず、「ソース」となる音をプラグインで再生し、「Analyse Source」ボタンをクリックします。
次に、EQの対象となる実際の素材をプラグインで再生し、「Analyse Target」をクリックします。

ここで、2つのオプションがあります。
Equalize(イコライズ)」は、ターゲットをソースに近い音にするためのEQカーブを生成し、「Separate(セパレート)」は、ターゲットに含まれるソースのドミナント周波数を低減するためのEQカーブを生成します。

どちらのモードも非常に効果的で、必要に応じてバンドを手動で編集したり、インターフェイス上部のDry/Wetミックスコントロールを下げたりすることで、過剰なEQ設定を抑えることができます。

オートマチックEQの最も分かりやすい用途はマスタリングだと思われるかもしれませんが、実際にはミキシング作業において、必要にない周波数成分を調和する用途などにいいと思います。

極端な例になるかもしれませんが、全く関係のないピンクノイズソースなどを使ってピアノの周波数特性を変更し、ミックスの中でより大胆なサウンドにするなど、「実験的」なソースを読み込むことで、多くの面白い効果を得ることができるようになっています。
また、非常に高く突き刺さるような音をソースとして入力し、低い音にSeparateアルゴリズムを適用することで、粗さを抑えることもできます。

MAutoDynamicEQの名前にある「Dynamic」は、7つのEQバンドがダイナミックEQであることを意味しています。
レベル、スレッショルド、エンベロープコントロールを使用して、特定の周波数帯域を圧縮または拡張するように設定することができます。

さらに、オートアタックとリリースのオプション(オプトコンプレッサーの動作をおおまかにエミュレートしている)もあり、外部サイドチェーン入力は、周波数を意識した圧縮と拡張効果のために用意されています。
例えば、スネアのローエンドをブーストし、ダイナミクスコントロールを使用して、パンチの効いたアタックタイムでブーストされた周波数レンジを締め付けることで、ドラムの鮮明さを高めることができます。

7つのダイナミックEQバンドの上(または下)には、ハイパスとローパスのフィルターが搭載されています。
それぞれ、6dB/オクターブの滑らかなスロープから120dBの超急峻なスロープまで設定できます。
こちらはダイナミックではなく、自動EQ分析プロセスにも含まれません。

また、他のMeldaProduction v8プラグインと同様に、新バージョンのMAutoDynamicEQは、ユーザーインターフェースが再構築されています。
音符の値を表示する周波数アナライザーや、信号のスペクトルをリアルタイムで表示するソノグラムを搭載しています。
これは、シンバルや弦楽器の高音部分の気になる響きなど、問題のある周波数を特定するのに便利です。

総合的なEQ/ダイナミクス機能に加えて、4つの柔軟なモジュレータがEQコントロール(周波数、ゲイン、Q、ダイナミクスなど)をモジュレートします。
これらは、エンベロープフォロワー、ピッチトラッカー、高度なLFO(最大10Hz、オプションでテンポシンクとモーフィング可能な波形)などの役割を果たし、MAutoDynamicEQをEQだけでなく、パワフルなサウンドデザインツールにする豊富な可能性を開いています。

MeldaProductionは、MAutoDynamicEQが多目的に使えるイコライザーになることを明確に意図しており、典型的なスタジオアプリケーション用にデザインされた約12種類のプリセット(マスターエンハンサー、ディエッサー、ベース・バスドラムの修正(サイドチェーン)など)を介して、シンプルなパラメータセットにアクセスできますので初心者でも安心です。

従来のEQの機能的な限界をはるかに超える高度なテクニックを可能にすることで、様々な用途にお使いいただけると。

最終的には、ミキシングやマスタリング、クリエイティブな編集のために、サウンドの複雑なディテールに深く作り込むのが好きなプロデューサーにとっては、必須のプラグインとなると思います。





主な特徴

  • スタイリング可能、サイズ変更可能、GPUによる高速化など、市場で最も先進的なユーザーインターフェースを採用
  • クラシックなメーターとタイムグラフを備えた独自のビジュアライゼーションエンジン
  • 非常に多彩なモジュレータ
  • 調整可能なオシレーター・シェイプ・テクノロジー
  • 4つのマルチパラメーター
  • M/S、シングルチャンネル、最大8チャンネルのサラウンド処理...
  • スマートランダマイゼーション
  • 自動ゲイン補正 (AGC)
  • セーフティリミッター
  • 調整可能なアップサンプリング 1x-16x
  • MIDI学習機能付きMIDIコントローラー
  • SSE/SSE2/SSE3プロセッサに最適化された超高速動作
  • グローバルプリセット管理とオンラインプリセット交換

動作環境


Windows
Windows Vista / 7 / 8 / 10(32ビットまたは64ビット)
VST/VST3/AAX対応ホスト(32ビットまたは64ビット)
SSE2をサポートするインテル/AMDプロセッサー
32ビットのホストには32ビットのプラグインを、64ビットのホストには64ビットのプラグインを使用してください。
 
オペレーティングシステムが64ビットであっても、64ビットのプラグインは32ビットのホストでは動作しません。
64 ビットのホストで 32 ビットのプラグインを使用しないでください。
ブリッジングが必要となり、動作が遅くなったり、不安定になったりします。
 
Mac OS X
Mac OS X 10.9以降(64ビットのみ)
VST/VST3/AU/AAX対応ホスト(64ビットのみ)
SSE2をサポートするIntel/AMDプロセッサまたはApple Siliconプロセッサ


サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

MeldaProduction - MHarmonizerMB レビュー ハーモナイゼーション効果を得られるピッチシフターとマルチボイスハーモナイゼーションプラグイン
【約57%OFF】PluginBoutiqueにてビンテージ・サンプラー・エミュレーター、BeatSkillz『SampleX V3』が1月31日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のローファイヒップホップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Industrial Strength『TD Audio – Lo-Fi Hip Hop』リリース!
【約33%OFF】PluginBoutiqueにてRoland Jupiter4を再現したバーチャル・シンセ、Cherry Audio『Mercury-4』が1月31日(現地時間)までの特価セール中!
EST Studios - Drum & Bass: Dark Rollers レビュー LoopCloud対応のダークでグルーヴ感の高いドラムンベース向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のテックハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、12inchsounds『Raw Tech House』リリース!
【まもなく終了!約50%OFF】PluginBoutiqueにてシーケンサーでフィルターをコントロールするタイムマニピュレーションエフェクト、MeldaProduction『MRhythmizer』が1月23日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のミニマルテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Deeperfect Artist Series『Ammo Avenue』リリース!
RV Samplepacks - EBM Techno レビュー LoopCloud対応の最新のインダストリアルでハードなEBM向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源
Boz Digital Labsc - Pan Knob レビュー 音楽制作でよくあるフラストレーションを解決するPAN機能拡張プラグイン
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のローファイヒップホップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Sample Diggers『Lo-Fi Beats & Cuts』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のフューチャーRnB向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、『Off Grid Soul』リリース!
Mask Movement Samples - Tunnel Techno Hypnosis レビュー LoopCloud対応のメロディックでディープでダークなサウンドのテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源
ZTEKNO - 135 BPM レビュー LoopCloud対応の様々なアナログシンセを使用したテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源
Essential Creative FX Bundle 3つクリエイティブエフェクトのバンドル
Loopmasters - ZNordic Electronic 2 レビュー シンセウェイブ向け作曲に最適なスカンジナビアの優れたエレクトロニック・ミュージック音源
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のEDM向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Anthemic Future Rave』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のチルトラップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Famous Audio『Sunset Trap』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のメロディックテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、House Of Loop『Samplelife - Melodic Techno & House World』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のニューロファンク向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、DABRO Music『Neuro DNB II』リリース!