FC2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

*

soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools Loopmasters Sample Music Sale
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

- コメント

NEUMANN M49


M49.jpg
NEUMANN M49の復刻版TLM49を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

NEUMANN M49
■■■NEUMANN M49機材情報■■■

 NEUMANN M49は、以前紹介したU47の直後の
1951年に生産が開始され、同じM-7カプセルが使用されています
(1960年にダイアフラムの耐久性の向上ためK-49に変更)
このNEUMANN M49からU67などの名器に使用されている
真空管AC701Kの運用が始まりました。
当時、NEUMANN M49は主にレコーディングよりは放送用に
使用されることが多く、空調も現在ほど完備されていなかったため、
特に梅雨のときなどブツブツといったノイズが乗ることがたびたびありました。
そんな中、NEUMANN M49サウンドの虜になった
エンジニアが使い続けていました
 NEUMANN M49には増幅回路やコンデンサーが違う
“無印"“b"“c"などの種類があり、それに加えオリジナルではありませんが
トランジスター仕様のものまであります。
しかし、タイプが異なりながら、どれも後述する独特な
M49サウンドを表現できているのは見事だと思います。
参考までに、全く同じ形状でM50という無指向のみのマイクもあるようです
 M49の発売時の値段を現在の価格に換算すると300万円相当。
機能面で新しかったのは、従来はマイク本体にあった指向性切り替えスイッチが
アンプ部に装備されたこと、NEUMANNで初めて、そしてAKG C-12同様、
遠隔指向性切り替えを可能としました
 NEUMANN M49の基本的なサウンド・キャラクターを
簡単に言うと、低域がふっくらしていて中域にビリッとピークがある。
高域が控えめに感じられますが、それは豊かな低域に
耳が向いてしまうからだと思います。
トランジスター仕様のものは若干、おとなしいフラットな印象です。
 では、そんなNEUMANN M49を何に使用するかですが、
まずはキック、ドラム・サウンドはキックにM49が欠かせない存在という
エンジニアが数多くいます。
もちろんベタッとくっつけるわけではなくドラム全体の“下半身"を狙う感じです。
スピード感のあるアタッキーなサウンドではありませんが、
非常にふくよかで深みのあるドラムに仕上がります。
 次に好んで使用されるのはベースやギターのアンプ類。
先程のドラムに対してもそうでしたが、NEUMANN M49
ほかのNEUMANNの真空管マイクよりは若干、感度が低いので
こういった大音量の楽器に対しても扱いやすいと思います。
そして、こういったアンプ系に使用するとまた違った一面を聴かせてくれます。
MARSHALLやVOXなどの真空管アンプではプリ、パワー管のジリジリとした
感じをリアルに表現し、またROLAND JCシリーズなどの
ソリッド・アンプでは太さと温かさを加えてくれます。
なお、M49だけではガリッとし牙の部分が足りないと思った場合は、
タイ
M49のギター・サウンドは現在まで何人ものアーティストに慕われています
 もちろんボーカルに対しても使用されています。
特にピーキーで重心が高めのボーカリストにはぴったりです。
また、ダイナミクスを十分に付けて歌うタイプにシンガーにも合うと思います。
細やかなニュアンスを出しつつも、曲全体の雰囲気を決定してしまう
実力を持っています。
このほかにもストリングスやピアノ、アコースティック・ギターにと、
オールマイティに使えるマイクです通常はドラムやアンプではなく、
こういったパートに対して立てることの方が多いと思います
 NEUMANN M49はNEUMANN史的に見ても
大メジャーなU47、U67の間に生産されたため、知名度的にも多少低い
脇役的マイクではあります。
しかし、これほどソースや立て方、さまざまなマイクプリとの組み合わせによって
表情を変えられるマイクはほかに無いと思います。
同年代のビンテージ機材で周りを固めれば、いにしえのサウンドに仕上がりますし、
ハイファイ系マイクプリで受ければ、クリアなサウンドを提供してくれます







関連記事

FC2カウンター

最新記事

【約43%OFF】PluginBoutiqueにてテープ・マシンを再現したプラグインエフェクト、Baby Audio『TAIP』が11月1日(現地時間)までの特価セール中!
Vocal Roads -Rudeboy’s Clubhouse - Vocals and Beats レビュー ! ダーティーでフルレンジなボーカルを収録したベースハウス向けサンプルパック
【フリー・無料!】Travis Scottによるヒップホップ向け作曲に最適なフリーサンプルパック音源『Travis Scott Type Drum Kit』
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のダブステップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Ghost Syndicate『ATAJAR: Dubstep』リリース!
Deep Heads - Congi ‘Tools & Textures’ レビュー ノッティンガム(イギリス)を拠点とするプロデューサーデュオ、Congiの待望のダブステップ向けサンプルパック
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のローファイハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、CONNECTD Audio『Soul-Fi House』リリース!
【約30%OFF】PluginBoutiqueにて550種類ものコード・プリセットが用意されたソフトシンセ、Loopmasters『KHORDS』が10月26日(現地時間)までの特価セール中(独占販売)
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のポップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Keep It Sample『Physical - Synth Pop Samples』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のテックハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、IQ Samples『Hyper Tech Groove』リリース!
YAMAHA RY10 リズムマシン レビュー
Ashley Jana『Indie Pop Vocals』 レビュー LoopMasters・LoopCloud対応のポップ向けヴォーカルサンプルパック
【約25%OFF】PluginBoutiqueにてマルチエフェクト テープオーディオプラグイン、Caelum Audio『Tape Pro』が10月31日(現地時間)までの特価セール中!
【約49%OFF】PluginBoutiqueにてバーチャルビートメーカープラグイン、UJAM『KANDY』が10月31日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のムーンバートン向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Sound4Group『Moombahton Duro』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のディスコ向け作曲に最適な著作権フリーボーカルサンプルパック音源、Industrial Strength『Nu Disco Pop Vocals』リリース!
Surreal Machines - Modnetic レビュー アナログエミュレートテープディレイ等を含むマルチエフェクトプラグイン
【約60%OFF】PluginBoutiqueにてヴィンテージ感を再現するマルチエフェクトプラグイン、UJAM『Finisher RETRO』が10月31日(現地時間)までの特価セール中!
【約33%OFF】PluginBoutiqueにてサブ・ベース・シンセ、Iceberg Audio『The Sub』が10月31日(現地時間)までの特価セール中!
Audio Damage - Other Desert Cities レビュー  6つのアルゴリズムと豊富なモジュレーション機能を持ったマルチアルゴリズム・ディレイ・プラグイン
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のディスコ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『French Funky Disco』リリース!