FC2ブログ

新旧DTM機器、ソフトシンセ、プラグイン、映像機器等の独自レビュー・新製品、特価情報等をご紹介しています

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

*

soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools Loopmasters Sample Music Sale
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

カテゴリ一覧

楽天

タイムセール

最近の記事

- コメント

audio-technica ATL290

audio-technica ATL290

サウンドハウス



atl290.jpg


audio-technica ATL290希望小売価格32,000円
■■■audio-technica ATL290機材情報■■■

 audio-technica ATL290はATLシリーズのひとつ
ドラムやピアノの収録に適したペンシル型コンデンサーマイクロフォンのATL160
小型軽量クリップ付きで、管楽器などにも装着可能な
コンデンサーマイクロフォンのATL180
仰角60度までクリアに捉える半球前方指向性バウンダリーマイクロホンのATL300
そして今回紹介するaudio-technica ATL290という
シリーズ構成となっています。
その中でもaudio-technica ATL290は低価格でありながらも
様々な用途に対応するべく開発されたコンデンサーマイクロフォン
という位置づけという印象です。
 audio-technica ATL290は形状を見ると
ボーカル用ダイナミックマイクというイメージですが、
実際にはボーカルからインストゥルメンタル収録まで幅広く
使用できるように開発されたコンデンサーマイクロホンです。
ボーカル使用時にはハンドリングノイズを大幅に低減する
ショックマウント防振構造とハイパーカーディオイド特性が威力を発揮し
インストゥルメンタル収録には高安定・高性能の
金蒸着2μmウェーブダイアフラムの広い周波数特性と高感度が
効果的な収録ができるように設計されています。

 audio-technica ATL290の周波数特性を見ると
低域は、150Hzあたりから緩やかに落ち込む特性を持っており
高域は2KHz付近から10KHzまでやや盛り上がりそれ以上は
緩やかに落ち込んでいる特性です。

実際にaudio-technica ATL290を使用した感想ですが
周波数特性にあった低域の落ち込みや、高域の特性はほとんど感じられず
クセがなく、フラットな印象でした。
また感度も高く、最大入力音圧が138dBあることからも
非常に使いやすいコンデンサーマイクロフォンという印象です。
スペック通り、ハンドリング・ノイズも少なく
ボーカルには最適だと思います。
audio-technica ATL290はハンド・マイクタイプ
ということで、オンマイクで使用するという
クセがついており、最初のうちはオンマイクでテストしていたのですが
試しにオフマイクでも試してみました。
結果は、どのような距離でも、きちんとそれぞれ収録できる
特性を持っている印象で求める音質にあわせて、
セッティングが可能であると思います。
 audio-technica ATL290の音質はボーカル以外でも
ドラムの上物でよい効果が得られました。
また、低域も超低域はあまり出ていないのですが
ミッドローあたりの、低域の骨太感や空気感はとてもよく収録できる
特性を持っていると思いますので、ベースなどの低音楽器の
収録にもっさいてきであると思います。
一つだけ短所を上げるとすれば、audio-technica ATL290
全体的に、おとなしめの印象でロック系のトラック収録などには
ミックス時に多少の補正が必要だと思います。
 audio-technica ATL290はライブからレコーディングまで
ボーカルからインストゥルメンタル録音まで
幅広い範囲で使用できるコンデンサーマイクロフォンという印象です。
このようなコンデンサーマイクロフォンがダイナミックマイクと
同程度の価格で購入できるのは、コストパフォーマンスの高い
製品であるといえると思います。

■■■audio-technica ATL290スペック■■■

●型式:バックエレクトレットコンデンサー型
●指向特性:単一指向性
●周波数特性:70~20,000Hz
●感度(0dB=1V/Pa、1kHz):-42dB
●出力インピーダンス:100Ω
●最大入力音圧(1kHz at 1% T.H.D.):138dB SPL
●電源:ファントムDC48V
●マイクホルダー寸法:φ21mm(グリップ径)
●外形寸法(ヘッド径×全長):φ50×168mm
●本体仕上げ:レザー
●コネクター:キャノンXLRMタイプ
●質量:約290g









関連記事

FC2カウンター

最新記事

Aberrant DSP - SketchCassette II レビュー 4トラック・カセット・レコーダーをエミュレート
【40%OFF】PluginBoutiqueにてJonas Adenプロデュースのエフェクトプラグイン、W.A Production『BIGGIFIER by Aden』が3月21日(現地時間)までの特価セール中!
Audio Damage - Dubstation 2 レビュー アナログBBD回路をエミュレーションしたダブディレイプラグイン
【50%OFF】PluginBoutiqueにてプレーズ・アルペジエーター、Venomode『Phrasebox』が2月28日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のレゲエ、ダブ向けサンプルパックIrievibrations『Modern Roots Reggae 2』リリース!
【フリーサンプル】Deep Strictがハウス向けシンセとベースのMIDIパック『House of Synth & Bass Vol.2』を無料公開!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のテックハウス向けサンプルパックMihalis Safras『Nasty Tech House 2』リリース!
Plugin Boutique - BigKick Review キック専用プラグイン
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のアフリカ音楽向けボーカルサンプルパック『Vocal Africa』リリース!
【フリーサンプル】Ronny Jが808ドラムサンプルパック『Trap Devil Drum Kit』を無料公開!
【まもなく終了!70%OFF】PluginBoutiqueにてウエーブテーブル・シンセサイザー、KV331 Audio『SynthMaster One』が2月10日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のダブ向けサンプルパックAim Audio『Sacred Dub』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のドラムンベース向けサンプルパックLeo Wood『Drum & Bass Vocals Vol. 2』リリース!
【無料ダウンロード】 House Of Synth & Bass Vol.2 – 無料MIDIファイル
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のソウル向けサンプルパックLack Of Afro『Lack Of Afro』リリース!
TASCAM US-1x2HR / US-2x2HR / US-4x4HR オーディオインターフェイス レビュー
【約28%OFF】PluginBoutiqueにてNI Kontakt用エスニック・パーカッション音源、Soundironの『Shake』が2月2日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のハウス向けサンプルパックLow Steppa『Boiling Point House』リリース!
【33%OFF】PluginBoutiqueにてサブ・ベース・シンセ、Iceberg Audio『The Sub』が2月10日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりSerum プリセット集、Roger Sanchez『Rugged Drum & Bass』リリース!