FC2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

*

soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス Loopmasters Sample Music Sale
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

KORG PS60 PERFORMANCE SYNTHESIZER



KORG PS60
PERFORMANCE SYNTHESIZER

korg_ps601.jpg

korg_ps60a.jpg

korg_ps60b.jpg

KORG PS60
予想価格70,000円前後
■■■KORG PS60機材情報■■■

 KORG PS60はパフォーマンス・シンセサイザーと
名をうって発売された、ライブなどのパフォーマンスに
重点を置いた製品であると言えます。
実際に本体は、この仕様ではこれ以上は望めないと言えるほどの
非常にコンパクトなボディで、重量もわずか4.6kg!!
フロントパネルにも、最近では常設とも言える
音色プログラムエディットのための、カット・オフやレゾナンス
エンベロープ等のつまみやスライダーは見あたらず。
音色エディットではなく、それらのプログラムを組み合わせた
パフォーマンスを設定する際のボタンやつまみが多数並んでいます。
バーチャル・アナログなど音色エディットパラメーターの
コントローラーが所狭しと並んでいるシンセサイザーとは
真逆とも言えるフロントパネルで、
その使い勝手が非常に楽しみな商品です
早速見ていきたいと思います。

KORG PS60の音源は同社のM3やM50の流れをくむ
「EDS-i」音源を搭載
48kHzサンプリング49MBPCMデータによる136マルチサンプルを搭載
それを使用した440音をプリセットしており、
最大512プログラムまで搭載できます。
1ボイスは最大8音色まで重ねることができ
同時発音数は120音ですので、8レイヤー時でも
15音ポリで演奏させることが出来ます。
※オシレータの設定により実際の発音数が変化します。

KORG PS60の鍵盤はこのクラスでは初となる
セミ・ウェイテッドの61鍵ナチュラル・タッチ鍵盤を採用
ワンランク上の弾き心地を持っていると思います。
ライブでは、ピアノからオルガン、シンセサウンドなど
さまざまなプレイが要求されますので
低価格ながら、良質な鍵盤を搭載しているのは
嬉しい仕様だと思います。

KORG PS60のエフェクトはプログラムごとに
使用できるインサーション・エフェクトと
後で説明していますが、マスターエフェクトの2種類が用意されています。
インサーション・エフェクトはリバーブ、ディレイなどの空間系、
コーラスなどのモジュレーション系、コンプレッサーなどのダイナミクス系、
コルグ独自のモデリング技術REMS によるアンプ・モデリングなど
多彩なプログラムが63種類用意されています。

KORG PS60はパフォーマンス・キーボードと
銘打っているだけあり音色の選択や、
セッティング、セットアップなどは
かなり考えられいる印象です。
KORG PS60の音色選択は、イージー・セットアップという
独特のインターフェイスが用意されており
6つのカテゴリー(A.PIANO/E.PIANO/ORGAN/STRINGS/BRASS/SYNTH)
に別れており、それぞれカテゴリー専用に、ボリューム、パン、MOD センド、
REV/DLY センドを任意にセットアップ可能はノブ、
音色選択スイッチ、音色のON/OFFスイッチが用意されています。
音色選択の際には、希望の音色カテゴリーをONにし、音色選択スイッチにより
音色を選択し演奏するようになっています。
ここで、感のよい方なら複数選択すれば、同時に発音するのでは?
と考えると思いますが、まさにその通りで
カテゴリーON/OFFスイッチを同時に押すことにより
レイヤーで音色を重ねることが即座に出来るようになっています。

また、KORG PS60ではスプリット・セッティングも
イージー・セットアップ下のエリアにて、
ボタン一つで行うことが出来るようになっています。

KORG PS60のフロントパネルには
それらのイージー・セットアップ機能の他に、音色設定として
マスターエフェクトのモジュレーション、リバーブ/ディレイ、
イコライザーが独立したインターフェイスとして用意されています。
モジュレーションは、コーラス、フランジャー、ビンテージ・コーラス
フェイザーを選ぶことができ、それぞれ、レイト、デプス、フィードバックの
コントロールが可能です。
リバーブ/ディレイは、ホール、プレート、ルーム、ディレイを選ぶことが出来
それぞれ、タイム、レベル、フィードバックのコントロールが可能です。
リバーブとディレイの同時使用は出来ませんので
その場合はインサートエフェクトを使用します。
イコライザーは、3バンド固定型が用意されています。

KORG PS60では、これらのイージーセットアップによる
音色設定や、3つのマスターエフェクトの情報を
パフォーマンスとして20セットまでメモリーすることが出来ます。
このパフォーマンスのメモリーや、呼び出しも
イージーセットアップ等と同様、本体のボタンで行うことが出来ます。
パフォーマンスはフロントパネルのバンクボタン(A~Dの4バンク)と
数字ボタン(1~5)により素早く行うことができ
パフォーマンス数が20というと少なく感じるもしれませんが
KORG PS60はライブでの使用に重点を置いて
設計されていることを考えれば、納得できるはずです。
あまりパフォーマンス数が多くても、操作が難しくなり
間違える原因にもなりますので、
通常のライブ使用では、最適ではないかと思います。

ライブでのパフォーマンスを左右するコントローラーも
重要な要素といえますが、KORG PS60では
KORG伝統とも言える上下左右に操作する
ジョイスティック・コントローラーを搭載
さらに、ライブでは多用されるオルガン音色用に
ロータリー・スピーカー・シミュレーター・エフェクト用に
専用のスロー/ファストスイッチボタンが搭載されていて
オルガン演奏に表情をつけることが、感単に行えます。
また、ハーフ・ダンパー対応のペダルスイッチと
通常のペダルスイッチの2系統のペダル入力を装備しています。

このように、ライブでの操作を考えて作られたシンセサイザーですが
ここの音色プログラムのエディットも万全の対応です。
KORG PS60には、パソコンでエディットするための
「PS60 Editor」と「PS60 Plug-in Editor」が付属
「PS60 Editor」はすべてのパラメータを場面上から
エディットすることが出来ます。
さらに「PS60 Plug-in Editor」を使用すればKORG PS60
VST、Audio Units、RTAS フォーマット対応の
プラグイン・インストゥルメントとして使用できますので
ライブだけではなくDAW環境でも積極的に活用することが出来ます。
また、ライブラリアン・ソフトウェアとしても使用できますので
本体のパフォーマンスメモリー数に不安のある方でも
パソコンに保存すれば問題なく使用することが出来ると思います。

このようにKORG PS60は、小型、軽量デザインで
ライブパフォーマンスに重点を置いたインターフェイスをもち
音色もライブで、他の楽器に埋もれることのない
クリアな音質を備えている、まさにライブ中心の
キーボーディストには魅力的は製品であるといえます。
それでいて、音色はエディッターで煮詰めることが出来ますし
DAW環境でも、プラグイン仕様で活用することの出来る
優れた製品であるといえます。

49MBというPCMデータの容量には賛否両論あると思いますが
イージー・セットアップによるレイヤーでの音作りが
フロントパネルだけで簡単に行うことが出来ますので
この機能により、音色バリエーションの幅は十分に補えると思いますので
問題はないと思います。



この記事がお役に立った方は上のバナーのクリックをお願いいたします

■■■KORG PS60スペック■■■

●鍵盤部:61 鍵 ナチュラル・タッチ鍵盤
 (ベロシティ対応、アフタータッチ非対応)
●音源:EDS-i (Enhanced Definition Synthesis - integrated)
●モード:パフォーマンス、パフォーマンス・エディト、
  プログラム・エディット、グローバル
●最大同時発音数:120 ボイス(120 オシレータ)シングル・モード時、
   60 ボイス(120 オシレータ)ダブル・モード時 
●PCMメモリー:49Mbyte (16 ビット・リニアPCM 換算時)、
  136 マルチサンプル(ステレオ6 個含む)
●オシレータ :OSC1 (Single), OSC1+2 (Double)、
 1オシレータにつき4段階ベロシティ・スイッチ
 (クロスフェード/レイヤー機能付き)
●フィルター :4種のフィルター・ルーティング
  (シングル、シリアル、パラレル、 24dB)、
  1ボイスにつき2基のマルチモード・フィルター 
  (ローパス、ハイパス、バンドパス、バンド・リジェクト)
●モジュレーション:
 1ボイスにつきエンベロープ・ジェネレータ2基(Filter & Amp)、
 2基のLFO、キー・トラッキング・ジェネレータ2基 (Filter & Amp)、
 AMSミキサー2基、その他に、ピッチEG、コモンLFO、
 コモン・キー・トラッキング・ジェネレータ2基
●パフォーマンス :ティンバー=6メイン・ティンバー、6 サブ・ティンバー、
  レイヤー、スプリット
 (トーン・パラメータによりプログラムを設定変更可能)、
  マスター・キーボード機能=外部MIDI 機器をコントロール可能
●パフォーマンス数:ユーザー・パフォーマンス20 パフォーマンス
  15 プリロード、ユーザー・プログラム512 プログラム/ 440 プリロード
●インサート・エフェクト :5系統、ステレオ入出力
●マスター・エフェクト:2系統、ステレオ入出力
●EQ :1 系統、ステレオ入出力 (3 バンド)
●エフェクト・タイプ :合計71 種
  ( インサート.エフェクトは63 種、マスター・エフェクト1は4 種、
  マスター・エフェクト2は4 種から選択可能)
●モジュレーション:ダイナミック・モジュレーション、テンポ同期LFO
●オーディション・リフ機能:383 オーディション・リフ
●ジョイスティック:ジョイスティック、
  LOCK ボタン( ジョイスティック・ロック機能)
●ロータリー・スピーカー・シミュレーター:ORGAN SLOW/FAST ボタン
●パフォーマンス :BANK、1 - 5、STOREボタン
●パフォーマンス・コントロール :ティンバー・セレクター、EASY SETUP
  SPLIT SETTING、MODULATION、REVERB/DELA、EQ
●ディスプレイ :16文字×2行 LCD(バックライト付き)
●モード:PERFORMANCE EDIT、PROGRAM EDIT、GLOBAL ボタン
●VALUEコントローラー:バリュー・ノブ、カーソル/バリュー
  ↑↓←→ボタン、EXIT ボタン
●その他:OCTAVE DOWN、UP ボタン、TRANSPOSE ♭、♯ボタン、
  VOLUME ノブ、ディスプレイ・コントラスト
●オーディオ・アウトプット:OUTPUT L/MONO、R
●Headphone output :3.5 mm ステレオ・ミニ・フォーン・ジャック、
●コントロール・インプット:DAMPER/PEDAL/SW端子 x 1、
 ハーフ・ダンパー対応、PEDAL/SW 端子 x 1
●MIDI:IN、OUT
●USB:USB 端子(TYPE B) x 1、 USB-MIDI インターフェイス
●電源:ACアダプター電源端子( DC 9V 1.7A)、POWERスイッチ
●外形寸法:925(W)×291(D)×90 (H)mm
●質量:4.6 kg
●消費電力 :6 W
●付属品:ACアダプター、アクセサリー・ディスク
 (PS60 Editor/Plug-In Editor、KORG USB-MIDIドライバ、
  PS60 取扱説明書PDF、PS60 パラメーター・ガイドPDF、
  PS60 USB-MIDI セットアップ・ガイドPDF、など)


 







関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

【約33%OFF】アナログシンセサイザー Minimoog Model Dをこの価格で忠実に再現したバーチャルアナログシンセ、Cherry Audio『Miniverse』が7月4日までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のリキッド・ドラム&ベース・サンプルとプリセットの著作権フリーサンプルパック音源、THICK SOUNDS『 Liquid Scapes』リリース!
【新着】LoopCloud対応 革新的なSFサウンドにに触発され制作されたチルアウト、映像音楽向け著作権フリーサンプルパック音源、『Solarpunk Futures』リリース!
【新着】LoopCloud対応 その多才さと奥深さで知られているDJ Traxのジャングル向け著作権フリーサンプルパック音源、DJ Trax『Atmospheric Jungle』リリース!
【約80%OFF】90年代のレコードやMPCサンプラーなどのヘヴィなヒップホップドラム音源を再現した、BeatSkillz『Vinylistik』が6月30日(現地時間)までセール中!
【新着】LoopCloud対応 ニューロサウンドとヒップホップビートのミックスされたベースミュージック向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Augmented Neuro-Hop』リリース!
【約50%OFF】EQ、コンプレッション、サチュレーション等で簡単にベース・トラックを作ることが出来る専用プラグイン、United Plugins『QuickBass』が6月27日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopCloud対応 テックステップ、ドラムンベース、ジャングルの向けの著作権フリー、ストンプサンプルパック音源、Industrial Strength『BHK Samples - Techstep Breakbeats』リリース!
【約35%OFF】 魔法のローファイツール、ゴーストエコーマシン 1970年代のソビエトのワイヤーレコーダーを正確にモデル化したAudioThing『Wires』が6月30日までセール中
【新着】LoopCloud対応 WAV、ボーカル、Serumプリセット、キットなどフューチャーハウス向け著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Slap House Ultra Pack』リリース!
Relab Development - LX480 Essentials レビュー 歴史的フラッグシップ・リバーブ Lexicon 480Lの伝統的なサウンドやパラメータを忠実に再現!
【セール約50%OFF】Loopmasterにてファンクを取り入れたミニマルなベースと軽快なビートによるミニマルテクノ向け著作権フリーサンプルパック音源、5Pin Media『Rominimal & Micro House』
【セール約55%OFF】LoopMastersにて最高ののダンスフロア・サウンドが詰め込まれたハウス向け著作権フリーサンプルパック音源、『Hugel Sounds - Vol 1 』が特価販売中!
Pulsar Audio - Echorecレビュー 磁気ディスクによる伝説的なエコー・ユニットを忠実にエミュレーションしたプラグインエフェクト
United Plugins - SubBass Doctor 808 レビュー HIPHOPやEDMなどのベース、ドラム低域処理に適したサブ・ベース用プラグイン・エフェクター
【新着】LoopCloud対応 90年代に誕生したダブとトリップホップという2つの異なるジャンルの融合した著作権フリーサンプルパック音源、Aim Audio『Dub Trip Hop Vol 1』リリース!
【約50%OFFセール!6月30日まで】Sugar Bytes - Looperator レビュー ループスライサーとエフェクト・シーケンサープの2つのオーディオ・プロセッシング・ツールを搭載したプラグイン
【新着】LoopCloud対応 好評だったサンプルパックAmbient Garageの続編、ガレージ向け著作権フリーサンプルパック音源、5Pin Media『Laid-back 'N Groovy Guitars』リリース!
【新着】LoopCloud対応 南アフリカ発祥のアマピアノというジャンルに焦点を当てた、ディープハウス向け著作権フリーサンプルパック音源、IQ Samples『Amapiano』リリース!
【約94%OFF】サンプル、トラック、ミックスをスライスして、有名な「スタッター」編集効果をワンボタンで作成することができる iZotope『Stutter Edit 2』が7月3日(現地時間)までセール中!