FC2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

*

soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools Loopmasters Sample Music Sale
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

REAKTORフリープラグイン 『MINIBRUTE』 レビュー

MINIBRUTE


minibrute-main.jpg

Native Instrumentsのコミュニティページでは、REAKTORを使用して作成したライブラリをユーザー間で共有できる「ユーザーライブラリ」というものがあります。
どれも無料でダウンロード可能で、REAKTOR USER LIBRARYでは現在4000を超えるアンサンブルがアップされています。
その中の一つが今回紹介する 『MINIBRUTE』 です。
REAKTORが必要ですがプラグイン自体は無料です。

Birk Wäsch氏制作の『MINIBRUTE』はArturia社の「Mini Brute」を忠実に再現したもので、「Mini Brute」に興味のある方は嬉しい内容です。
フロントパネルの位置やデザインもほぼオリジナル通りです。
MINIBRUTE』はオリジナル同様アナログモノフォニックシンセサイザーとなりますの残念ながら和音を出すことは出来ません。

それでは早速ですが詳しく見ていきたいと思います。
まずはオシレータ部から

minibrute01.jpg

オシレータ部はサブOSC、ノコギリ波、矩形波、三角波、ホワイトノイズ、装備されています。

サブOSCは矩形波とサイン波を選択でき、メインのオシレーターに対して1オクターブ下と2オクターブ下の音を出すことが出来ます。

ノコギリ波は「Ultrasaw Amt」ノブを回すことにより通常のノコギリ波はから「Ultrasaw」に変化します。
Rolandの「SuperSaw」のようなサウンドです。
その下の「Ultrasaw Rate」でUltrasawの揺れ具合を調整することが出来ます。

矩形波は「Pulse Width」モジュレーションが調整可能、「FILTER ENVELOPE」により「Pulse Width」を変化させることが出来ます。
その下の「ENV Amt」ノブによりENVELOPEのかかり具合を調整出来ます。

三角波は基本的にはシンプルな波形で、個人的にはシンプルな音色を作るときや、ちょっとして厚みを加えたい時に使用していますが『MINIBRUTE』の三角波には「Metalizer」とうノブがあり、金属的な』音色に変化します。
こちらの「Metalizer」も「ENV Amt」ノブにより「FILTER ENVELOPE」のかかり具合を調整出来ます

ホワイトノイズはアナログシンセでは一般的なキャラクターで使いやすいと思います。

minibrute02.jpg

『MINIBRUTE』はこれらのオシレーターを選択するのではなく「OSCILLATOR MIXER」でミックス量を調整して出力しています。
つまり、サブOSC、ノコギリ波、矩形波、三角波、ホワイトノイズ、5つをすべてを発音させて「OSCILLATOR MIXER」で調整することが出来ます。
実質3オシレーター+サブOSC+ホワイトノイズ...となりますので、かなり重圧なサウンドを出すことが出来ると思います。

minibrute03.jpg

次は『MINIBRUTE』のエンベロープ・ジェネレーターを見ていきます。
エンベロープ・ジェネレーターはADSR方式のエンベロープが2基搭載されていて、それぞれFILTERとAMP専用となっています。

minibrute04.jpg

LFOは1基搭載されていて、6種類のLFOが搭載されています。
「PWM&Metalizer」「Pitch」「Filter」「Amp」に対してそれぞれ適応量を個別に調整出来るようになっています。
LFOのスピードはRateつまみで調整する他に、アルペジエーターのテンポに合わせることも出来るようになっています。

minibrute05.jpg

次は『MINIBRUTE』に搭載されているアルペジエイターを見ていきます。
アルペジエーター部、左上のスイッチをONにすることによってアルペジエーターが機能します。
ONの状態でキーボードで何かしらのコードを押さえるとアルペジオパターンが再生されます。
STEPノブで4分音符、8分音符、16分音符などを選択し、テンポノブでスピードを設定。
Octaveノブを2以上に設定する事により、鍵盤で押さえているノートで2(3、4)オクターブの範囲でアルペジをパターンを再生します。
アルペジオパターンはMODノブで「Up」「Down」「Up/Down」「Random」から選択可能です。
また、Swingノブで3連ノリのアルペジオを演奏させることも出来ます。

minibrute06.jpg

コントローラー部を見てみましょう。
こちらはアフタータッチやモジュレーションホイール、ピッチベンドの設定が出来ます。
モジュレーションホイールはフィルターのカットオフ、「VIBRATO」で設定したビブラート、LFOのかかる量のいずれかを選択して設定出来ます。
アフタータッチはフィルターのカットオフ、「VIBRATO」で設定したビブラートのいずれかを選択でき、オフにすることも出来ます。
「Glide」は一般的に言うポルタメントで、ノブでかかる量を調整出来ます。

minibrute07.jpg

最後となりましたが、パネル右上の「Brute Factor」についてです。
「Brute Factor」はフィードバックサウンドの一種で、ヘッドフォンアウトをエクスターナルオーディオインにパッチングするという、ヴィンテージモジュールシンセ時代に使われたテクニックを再現した機能です。このフィードバックサウンドで繊細なドライブから過激な変調までを加えることができるようになっています。

以上簡単ですが『MINIBRUTE』 の機能をご紹介致しました。
ファクトリープリセットは27と、ちょっと少ないものの、構成はシンプルですので、アナログ系のシンセを使ったことのある方でしたら1から目的の音を作るのにそんなに苦労はないと思います。
もちろん本家Minibruteの代替えになるものではありませんが、十分に魅力的なソフトシンセであると思います。

Native InstrumentsのReaktor 5以上が必要です。








アナログシンセ ARTURIA  / MiniBrute 2を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる
アナログシンセ ARTURIA / MiniBrute 2を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

【約25%OFF】PluginBoutiqueにてステレオ・デュアル・ディレイ、Audio Damage『Other Desert Cities』が9月30日(現地時間)までの特価セール中!
【約20%OFF】PluginBoutiqueにてキック専用プラグイン『BigKick』が10月14日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のフューチャーベース向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Freaky Loops『Futura: Futuristic Bass』リリース!
【約50%OFF】LoopMastersよりLoopCloud対応のフューチャーポップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Latin Pop Music』10月5日までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のソウル向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、5Pin Media『Laid-back N' Groovy』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のトライバルハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Soundbox『Deep Afro House』リリース!
Softube - Empirical Labs Mike-E Comp レビュー 定番コンプレッサーを再現したプラグイン
【セール!50%OFF】LoopMastersよりLoopCloud対応のドラムンベース向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Ragga DnB & Vocals』9月26日までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、HY2ROGEN『Power House Drops』リリース!
【まもなく終了!30%OFF】PluginBoutiqueにてプレーズ・アルペジエーター、Venomode『Phrasebox』が9月21日(現地時間)までの特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のリキッド向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、EST Studios『Liquid Drum & Bass Vocals 』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のテックハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Roger Sanchez『House Weaponz』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のファンク向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Frontline Producer『Psychedelic Funk Vol 1』リリース!
【新着】日本レーベルTsunami Track SoundsよりLoopCloud対応のメタル系向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、『Thrash Hard Core』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のレゲトン向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、『Irievibrations - Afrobeat Vs Dancehall』リリース!
【約25%OFF】Schaack Audio『AnalogQ』 EQプラグインPluginBoutiqueにてEQプラグインが特価セール中!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のハウス向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、『Tenshu – Heavy House & Garage』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のミニマムテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Abstract Sounds『Rominimal』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のダウンテンポ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Famous Audio『Ethereal Fields - Chill hop & Ambient』リリース!
【新着】LoopMastersよりLoopCloud対応のダウンテンポ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Keepsake - Lofi Drums』リリース!