fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

- コメント

WESAUDIO - Beta76 レビュー Urei 1176タイプ、コンプレッサー&リミッター

WESAUDIO - Beta76


wabeta76-3.jpg

Urei 1176は、多くのメーカーが独自のシミュレーションをして再現をしようとしているクラシックなコンプレッサー・リミッターです。
技術的な性能を向上させたり、機能性を追加したり微調整したり、あるいは単に部品を交換して、より音質的に望ましいと思われる代替品と交換したりするなど、小規模なメーカーがクラシックなアウトボードギアのデザインを取り入れて改良する傾向が高まってきています。
Universal Audio 1176コンプレッサーリミッターは、Universal Audio自身によって改良された、より人気のあるプロセッサーの一つです。
公式のデザインは何年にもわたって何度も改訂されてきましたが、どれも本質的なFET圧縮特性は同じですが、入力と出力にトランスを採用したモデルや、入力にソリッドステート回路を使用し、出力にトランスを使用したモデルもあります。
一部のモデルでは、異なるレシオを選択できるようになっている機種もあります。
他のメーカーでは、さらに多くの改良が加えられています。
その中でも最新の製品がWesAudioBeta76 Limiting Amplifierです。
略して「ß76」と呼ばれています。

wabeta76-1.jpg

WESAUDIO - Beta76はステンレススチールのフロントパネルで高品質のメーターを装備して遠目だとUrei 1176と思ってしまうくらいの質感をもています。

Urei 1176との違いは、サイドチェインフィルターが搭載されています。
これを使用して、ハイパスフィルターを作動させ、低音の周波数がコンプレッサーをトリガーするのを防ぎます。
カットオフ周波数は60Hz、90Hz、150Hzの間で切り替え可能ですので、例えばドラムオーバーヘッドのようなステレオアプリケーションで2つのコンプレッサーを使用する場合に特にこの機能を活用して、サイドチェインフィルターにより、シャープなスネアとシンバルのサウンドがコンプレッションをトリガーすることができ、キックドラムがコンプレッサーを過度にトリガーしてすべてを押しつぶすのを防ぎます。

このボタンと関連するLEDの上には、同様のスイッチとリレーの組み合わせがあり、ユーザーは'Modern'と'Vintage'モードを切り替えることができます。
これは、入力回路をソリッドステート「モダン」とカーンヒル・トランス結合型「ヴィンテージ」回路の間で変更することができるようにするためのデザイン変更です。
ちなみに出力はカーンヒル・トランスが採用されています。
アナログ・ギアの「ヴィンテージ」なサウンドの大部分は、使用されているトランスに由来して場合が多いので、これによりヴィンテージコンプレッサーのリッチで鮮やかなサウンドとモダンプロセッサーのクリーンで正確なキャラクターを組み合わせたサウンドを出すことが出来るようになっています。

最後にリンク機能がありますが、これはUniversal Audioのアプローチとは少し異なり、2台のモノラル機器をジャックリードで接続してステレオで動作させることができます。
その他の点では、コントロールは最新の1176LNに似ています。
圧縮比を決定するための4つのスイッチ(4:1、8:1、12:1、20:1が用意されており、有名な「オールボタン」モードを使用してハードリミッティングを行うことも可能です。
メーターの隣にはさらに4つのボタンがあり、1つはユニットのオン/オフを切り替えるボタン、もう1つはコンプレッサーとメーターをバイパスするボタン、そしてメーターの動作を選択するための2つのボタンです。

wabeta76-2.jpg


リアパネルは、バランスXLRイン、アウト、電源ジャック、リンク用の端子のシンプルな外見です。

もちろん、このようなエフェクターの最も気になる所は、どれだけ良い音で鳴るか、そしてシミュレーション・エフェクターですので、オリジナルの1176にどれだけ近い音で鳴るかが気になる所です。もちろん1176にはいくつかの異なるモデルがあり、それぞれの音が異なるため、一概には言えないところもあります。

WESAUDIO - Beta76を実際に使っている方からは、ボーカルでは、どのモードで使用しても、美しく滑らかなサウンドのコンプレッサーが得られます。
ハードウエアならではのコントロールは非常に細かい調整を行う際にも使いやすいです。

ベースギターやバスドラムでよりちょっと過激な設定で使用する際も、サイドチェインフィルターのおかげで、どんなタイプのダイナミクス・プロセッサーよりも、より深みと立体感を壊すことなくコンプレッションすることが出来ます。
これはヴィンテージモードとモダンモードの違いがより顕著になるところでもあります。
入力を少しハードに駆動すると、ヴィンテージモードのトランスによって引き起こされる微妙な高調波歪みが得られサウンドに彩りを与えます。

総合的にはWESAUDIO - Beta76は汎用性が高く、よくできていて、使いやすいアウトボードです。
実際にUniversal Audio 1176と比べることは出来ませんでしたが有名どころの1176系プラグインと比較してみると非常に近いサウンドをもっていて、なおかつ、ハードウエア特有の出音の力強さ、オケに埋もれにくい音質も持っていると感じます。

■主な仕様
・アタックタイム:20us~800us
・リリースタイム:50ms〜1100ms
・レシオ(圧縮比): 4:1; 8:1; 12:1; 20:1
・トゥルーバイパス機能
・SCハイパスフィルター :- 60,90,150Hz
・出力インピーダンス:600Ω
・周波数特性:20Hz - 20kHz (+/- 1dB)
・ノイズ比:83dB以上
・リンク機能の
・バランス出力と入力(XLRノイトリック)
・2Uケースラックサイズ
・寸法:88 x 483 x 235 mm
・重量6kg

→WESAUDIO ( ウェスオーディオ ) / Beta76を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

FC2カウンター

最新記事

サウンドスケープの新境地!Polyscape Novaで創る80年代・90年代風の音楽 プラグインレビュー
サブベースからダブステップまでのベース音源Excite Audio - Bloom Bass Impulse活用法
Nepheton 2徹底解説!TR-808超えのポテンシャルを持つ最新ドラムマシンの魅力
サウンドデザイナーの魂が息づく『Synth Odyssey』サンプルコレクションの世界
Habischman Analog Sensesで創造性を解放!最新サンプルパックの魅力を紹介
心地よいソウル音楽の世界へ誘うサンプルパック「Sweet Soul Guitars」の魅力
最新のエレクトロビートを作る!サンプルパック「Impulse Sequence」レビュー
最先端のテクノサウンドを求めるあなたへ!Techno Decentで創造力を解放
【新着】アフリカの魂を音楽に込めたサンプルパック『Voices From The Motherland』の魅力を紹介
最新ソウル・RnBトラックを彩る魅力的なボーカルサンプルパック『Velvet Voices - Future RnB Vocals』
最新トレンドを捉えたGlobal Psytrance Trendsサンプルパックでサイケデリックトランスを制覇
【特価£5】LoopCloud対応 テックハウスとスペイン調のボーカルを組み合わせた著作権フリーサンプルパック音源、SHARP『Tech House Latino』
『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!
【約50%OFF】Pluginboutiqueにてレイブやエレクトロニックミュージック制作に特化したサンプラーベースのインスト・プラグイン、Audio Blast『Rave Generator 3』が3月1日までセール中!
【20%OFFセール・新着】LoopCloud対応 テックハウス業界トップからインスピレーションを受けた著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Tech House x Female Vocals』リリース!
【新着】LoopCloud対応 モジュラーシンセによるアナログとデジタルの融合から生まれるハードダンス向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Hard Industrial Modular Techno』リリース!
REAKTOR Instruments - Beezlebaum レビュー Moog Voyager風の連続可変波形オシレータを2つ搭載したREAKTOR用サブトラクティブ・モノシンセ
Karanyi Sounds - Matra レビュー デュアルディレイエンジンで幻想的なエコーを作り出し、独創的な音色を実現 !スマートランダムボタンで即座にインスピレーションも!