fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

- コメント

Audio Damage - Dubstation 2 レビュー 精密にモデル化された往年のアナログBBD回路をエミュレーションしたダブ・ディレイ・プラグイン

Audio Damage - Dubstation 2 レビュー


Dubstation_2_20210218.jpg

Audio Damage『Dubstation』
アナログBBD回路をエミュレーションしたダブディレイプラグイン
参考価格37,64円(投稿時価格・為替により変動します)

→Audio Damage『Dubstation 2』の詳細、購入はこちらから

Pluginboutique様より製品のご提供を頂きましたのでレビューして行きたいと思います。
この場をお借りしてPluginboutique様並びに関係者様に感謝致します。


商品概要


ダブ・ディレイ・プラグイン!


Audio Damage『Dubstation』オリジナルのダブ・ディレイ・プラグイン!
Audio Damageにより丹念にモデル化されたBBD(Bucket Brigade Device)によるアナログディレイは、10年以上もの間、そのサウンドのためのプラグインとして何千ものプロダクションで使用されています。
オーディオ特性に関してはデジタルディレイのほうが圧倒的に有利ですが、動作原理上、周波数帯域は狭くなり、リピートするたびにディレイ音が変化して行きます。
デジタルディレイとは似て非なるものですが、それこそがアナログディレイの独特な魅力となっています。
Dubstation 2はDAWに往年のBBDアナログ・ハードウェア・ディレイの魅力を再現できます。

追加新機能


Dubstation 2では、好評だったDubstationに新機能を追加しました。
LFOとサチュレーション・コントロールの追加により、Dubstation 2はヴィンテージのBBDディレイを完全にエミュレートし、左右のディレイ・タイムとピンポンを別々にコントロールできる新しいデュアルモードにより、ディレイ・エフェクトのための素晴らしいプラグインに進化しました。

それではさっそく見ていきたいと思います。

プリセット


Dubstation_2_4.png

まずはプリセットを選択して効果を確かめてみましょう。
中央部上のプリセット名が表示されているところをクリックするとプリセットを選ぶ画面に変わります。
投稿時には9種類のプリセットが用意されていますので、これを元にユーザの楽曲に合わせて調整していけばいいと思います。
個人的に初期画面に戻れなくなりちょっと悩みましたが、「CLOSE」を押すと戻ります。

左セクション


Dubstation_2_1.png

こちらのセクションでは6つの項目を調整することができます。

Input Drive


NPUT DRIVE ノブは、プラグインに入る信号のレベルをコントロールします。
ほとんどの場合、デフォルト設定の0dBのままで信号を増幅せずに通過させますが、コントローラやホストシーケンサーのオートメーション機能などを利用する際には活用できると思います。

High and Low Cut


HIGH CUTノブは、信号を4KHz~8KHzの範囲で減衰させるローパスフィルターをコントロールします。
通常のシンセサイザーなどに搭載されているローパスフィルターと同じではなくアナログディレイ回路をシミュレーションしたものですので、フィルタの動作周波数は固定ではなく、遅延時間が長くなると高域のレスポンスが低下します。

LOW CUT


LOW CUTノブは、信号を100Hz から 1.5KHzの範囲で減衰させるハイパスフィルターをコントロールします。
このフィルターは古いディレイの低音レスポンスの悪さを改善し、特に初期のジャマイカン・ダブ・ミュージックでよく聞かれるエコーがノブの位置を約12時に設定すれば、ダブ・リミックスが再現されるようになっています。

Low-Frequency Oscillator

ダブステーションのディレイは、LFOで周期的に変化させることができます。
LFOはダブリングやコーラス、ピッチスゥープなどの効果を出すのに便利です。
LFO Rate ノブは、LFO のスピードをコントロールします。
LFO Depth ノブは、LFO がディレイタイムにどの程度影響するかをコントロールします。

Saturation

SATURATIONノブは後述するディレイ・フィードバック信号を含めたディレイ音にアナログのようなディストーション効果を足すことが出来ます。
ノブを反時計回りに全開にしておくとバイパス状態になりますが、ノブを時計回りに回すと、歪みの量が増えます。

中央セクション


Dubstation_2_2.png

中央のセクションではディレイタイム等を設定することができます。

Time Controls

Delay Timeノブと X2 Time スイッチは、ディレイの時間を制御します。
 X2 Time スイッチが左の位置にある場合、TIME ノブはディレイタイムを最小4ミリ秒から最大1000ミリ秒(1秒)まで変化させます。
右の位置にある場合はディレイタイムが2倍になり、TIMEノブは最小8ミリ秒から最大2000ミリ秒(2秒)の範囲で設定できます。
実際にディレイ音を聞いてみるとディレイ信号は、元の信号よりも高周波数の含有量が少ないことに気がつくと思います。
Delay Timeが長くなると、高域が劇的に減少します。
これは、実際のBBDアナログ回路を用いた遅延の周波数応答特性が忠実にモデリングされています。

TEMPO SYNCスイッチをオンにすると、DubstationはDAWホストからのテンポを使用します。
(同期機能に対応するDAWソフトが必要です。)
このスイッチがオンの場合、Delay Timeノブは拍子(1/32から1/1)の範囲で調整することができます。
例えば、「1/8」 は、8分音符のディレイとなります。
もちろんテンポの変化に追従します。

Feedback

FEEDBACKノブは、ディレイにフィードバックされるディレイ音の量を調整します。
ノブを反時計回りに完全に回転させると、ディレイ音はほとんどフィードバックされません。
ノブを時計回りに回すと、より多くのディレイ音フィードバックされ、回しきるとエコーは無限に繰り返され、時間の経過とともにさらに大きくなり、最終的には歪んだ音になります。
危険なほど大きな音になりますのでお気をつけ下さい。

Loop and Reverse

LOOPスイッチをオンにすると、Dubstationのオーディオがエンドレスで再生されます。
これはFEEDBACKノブを全開にするのとは異なります。
アナログディレイ回路のような劣化はなくオーディオはそのまま再生されます。
これを利用することで、他のコントロールをオーディオループとして使用し、新しいオーディオをオーバーダビングすることができます。

REVERSEスイッチは、ソース信号が入った後に、スイッチを押すとディレイ信号が逆再生させます。
スイッチを押した状態でソース信号が入った場合は通常再生されます。
FEEDBACKノブがある程度上になるか、LOOPスイッチがオンになっているときに効果的です。

右セクション


Dubstation_2_3.png

こちらのセクションですでは主に出力信号を設定する事が出来ます。

MIX

MIXノブは、プラグインの出力信号の中のディレイ信号とオリジナル(ドライ)信号の量を調整することが出来ます。

OUTPUT LEVEL

OUTPUT LEVELノブは、Dubstationの出力信号を設定します。
MIDIハードウェアコントローラやVSTホストのオートメーション機能を使って出力レベルを上げたり下げたりすることで、エコーを発生させることも出来ます。

Mode Switches

Dubstationの全体的な動作を制御する2つのスイッチがあります。
MODEスイッチSINGLEまたはDUALを選択できます。
シングルモードではモノラルディレイとして機能し、デュアルモードではステレオディレイとして機能します。
DUALモードでは、Delay Timeノブが2つ現れステレオで使用する場合は、各チャンネルに個別のディレイラインが使用されます。

PING-PONG

PING-PONG スイッチを押し込むと、ディレイ間の信号のルーティングが変更されます。
2つの出力チャンネル間を行ったり来たりするディレイ音を生成します。

機能的には普通のディレイプラグインという印象ですが、この価格でBBDアナログ回路を再現した暖かいディレイサウンドが得られるのは非常に価値のあるプラグインだと思います。





サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

FC2カウンター

最新記事

【新着】アフリカの魂を音楽に込めたサンプルパック『Voices From The Motherland』の魅力を紹介
最新ソウル・RnBトラックを彩る魅力的なボーカルサンプルパック『Velvet Voices - Future RnB Vocals』
最新トレンドを捉えたGlobal Psytrance Trendsサンプルパックでサイケデリックトランスを制覇
【特価£5】LoopCloud対応 テックハウスとスペイン調のボーカルを組み合わせた著作権フリーサンプルパック音源、SHARP『Tech House Latino』
『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!
【約50%OFF】Pluginboutiqueにてレイブやエレクトロニックミュージック制作に特化したサンプラーベースのインスト・プラグイン、Audio Blast『Rave Generator 3』が3月1日までセール中!
【20%OFFセール・新着】LoopCloud対応 テックハウス業界トップからインスピレーションを受けた著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Tech House x Female Vocals』リリース!
【新着】LoopCloud対応 モジュラーシンセによるアナログとデジタルの融合から生まれるハードダンス向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Hard Industrial Modular Techno』リリース!
REAKTOR Instruments - Beezlebaum レビュー Moog Voyager風の連続可変波形オシレータを2つ搭載したREAKTOR用サブトラクティブ・モノシンセ
Karanyi Sounds - Matra レビュー デュアルディレイエンジンで幻想的なエコーを作り出し、独創的な音色を実現 !スマートランダムボタンで即座にインスピレーションも!
【Plugin Boutique限定セールは2/15まで】 UJAM Beatmaker - CIRCUITS レビュー クラシックな初期のデジタル&アナログ・ドラムマシンのサウンドとグルーブを再現したプラグイン・インストルメント
【新着】LoopCloud対応 Skream、Benga、HamdiにインスパイアされたUKダブステップの新時代を切り拓くサンプルパック、Rewind Samples『Immortal: UK Dubstep』リリース!
【新着】LoopCloud対応 独特のPhonkサウンドでトラックに革新的な響きをもたらす、トラップ向け著作権フリーサンプルパック音源、21STRXXT Samples『Blueberry Phonk Vol. 1』リリース!
iZotope - Stutter Edit 2 レビュー サンプル、トラック、ミックスをスライスして、よく知られている「スタッター」効果をワンボタンで作成することができるプラグイン
【新着】LoopCloud対応 伝説的なシンセサイザーが詰まった90年代のハウスミュージックの魅力を現代に蘇らせる著作権フリーサンプルパック音源『Back To The Old Skool』リリース!
【新着】LoopCloud対応 日本レーベル「Tsunami Track Sounds」よりLyan Musicによる革新的なポップからサイケデリックトランス向け著作権フリーサンプルパック音源、『Psycho Psytrance』リリース!
LoopCloud対応のテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Unity Records『Unity Samples Vol.26 by D-Unity, Marck D』
【新着】LoopCloud対応 HardstyleとHard Technoの融合が生み出す、前代未聞の著作権フリーサンプルパック音源、Industrial Strength『Hardstyle Techno』リリース!