fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

Audio Damage - Discord4 レビュー  「H910 Harmonizer」を再現したピッチシフターからMultiエフェクターへと進化したプラグイン

Audio Damage - Discord4 レビュー


Discord4-00.png

Audio Damage『Discord4』
「H910 Harmonizer」を再現したピッチシフターからMultiエフェクターへと進化したプラグイン
参考価格7,112円(投稿時・価格は為替により変動します)

Audio DamageDiscord4』の詳細はこちらから

Pluginboutique様より製品をご提供を頂きましたのでレビューして行きたいと思います。
この場をお借りしてPluginboutique様並びに関係者様に感謝致します。

Audio Damage社の『Discord4』はEventide社の名機「H910 Harmonizer」を再現する形で2004年誕生しました。
その後、独自のサウンドプロファイルを持つマルチエフェクト・プラグインへと進化しましたが、2010年に発売されたDiscord3が最後のバージョンとなっていました。
その後8年の間、Audio Damageは、Eurorackモジュールの設計・制作のためにソフトウェア開発を中断していました。
しかし、彼らはソフトウェアへの愛を再燃させたようで、多くのクラシックなプラグインが改訂されています。
Discord4のように、最新の高解像度ディスプレイに対応するためにUIを一新したり、機能性を向上させたりしています。
Audio Damageは、これらの新バージョンを現在の所有者に大幅な割引価格で提供しています。

最新のプラグインのUIではビジュアル要素をレンダリングする際に、静的な画像ではなく、数学や描画コマンドを使用することで、プロシージャルなUIを実現。
プラグインの右下をクリックすると、UIのサイズを自由に変更することができます。

Discord4のデザインは、クリーンでモダンな印象を受けます。
暗い色のオーディオ・プロセッシング・セクションと明るい色のモジュレーションやミキシング・コントロールを明確に区別するためのカラースキームによって助けられています。

まずはPRESETでこのプラグインの効果を試してみてください。
画面右上の3本線のマークをクリックするとプリセットの画面が現れます。

Discord4-08.png

Discordにはプリセットが内蔵されており、その機能を実演したり、自分の作品にインスピレーションを与えたりすることができます。
このプリセットブラウザー左側のスクロールリストに利用可能なプリセットが表示され、プリセット名をクリックするとその設定が読み込まれます。
もちろんユーザが設定した値をセーブしたり読み込んだりすることも出来ます。

それではエフェクトの詳細を見ていきたいとおもいます。

Discord4-01.png

信号は左から右へと流れ、ピッチシフターから始まり、ディレイとフィルターセクションを経て、リバーブとパノラマというコンポーネントに至ります。
フィードバック・パスにリバーブを追加したことは、サウンド・デザインの可能性を大きく広げるものであると思います。

Discord4-02.png

リバーブのサイズ、カラー、ドライ/ウェット・ミックスを調整するノブと、リバーブの現在の音を無限に持続させるフリーズ・ボタンがあります。

Discord4-03.png

一方、新しいパノラマ・コントロールは、より実用的なものとなっています。
ここでは、左右のシグナルチェーンを個別にパンニングしたり、入れ替えたり、あるいは両方をセンターにしてモノラル出力にすることで、ステレオの幅をコントロールすることができます。

Discord4-04.png

Discord4の目玉と言えるピッチシフターは、3つの独立したアルゴリズムで構成されています。
Eventide H910とH949をモデルにしたオリジナルのDiscordアルゴリズムの「VINTAGE」モード、よりモダンなシフトサウンドのための「MODERN」モード、そして実験的なエフェクトのための「グラニュラー」モードです。
それぞれのモードには入力素材に応じた特徴があり、幅広い機能を備えています。
P1とP2のアルゴリズムは、シフトエフェクトのバッファサイズを自在にコントロールでき、入力信号に合わせてシフトを微調整したり、サウンドエフェクトをかけたりすることができます。
6オクターブのシフト範囲を持っていますので、極端なピッチシフトで非常に¥に奇妙なエイリアシングやアーティファクトを作り出すこともできます。


Discord4-06.png

次はディレイセクションです。
TIMEノブにて各ディレイは0~2000msec(2秒)の範囲で設定できます。
SYNCスイッチをクリックするとDAWテンポを使ってディレイタイムを設定することができます。
範囲は、1/32から2/1拍数の後に「T」がつくのは三連符です。
曲のテンポが変わっても、ディレイタイムを調整する必要がありません。
ディレイタイムを短くすることで、少量のピッチシフトによるコーラスやダブリングの効果を得ることもできます。
左右のディレイタイムを少しずつ変えていくと、ワイドなステレオ・コーラスにもなります。

REGENノブは、再生レベル、つまりピッチシフターにフィードバックされる出力信号の量をコントロールします。
ピッチシフターにフィードバックされる量です。フィードバックの経路は、ディレイライン、フィルター、リバーブを経て、ピッチシフターに戻ることに注意してください。
フィードバック量を大きくするとプラグインが自己発振し、面白いノイズ効果が得られます。

X-REGENノブは、2つ目のフィードバック経路をコントロールします。このノブを上げると、信号の一部がもう一方のチャンネル信号の一部が他のチャンネルの入力に送られます。
例えば、右チャンネルのX-REGENノブを動かすと、右チャンネルの出力信号が左チャンネルの入力にフィードバックされます。
このチャンネル間のフィードバックは、跳ね返るようなディレイ効果、厚みのあるコーラス、より複雑なピッチシフト効果などが得られます。

LFO1とLFO2と書かれた小さなノブは、LFOによるディレイタイムの変化度合いをコントロールします。
ノブが中央の位置にある場合、LFOはディレイタイムに影響を与えません。
ノブを時計回りに回すと、対応するLFOがディレイタイムを増加させ、反時計回りに回すとディレイタイムを減少させます。

Discord4-07.png

Discord4にはローパスとハイパスのフィルターがあり、これはシグナルチェーンの中でディレイラインの後に搭載しています。
これらのフィルターを調整することで、ピッチシフトされた信号やディレイされた信号の音色を変えることができます。
例えば、ローパス・フィルターを使って「暗い」音を、ハイパス・フィルターを使って「明瞭な」音を作ることができます。

Discord4-05.png

モジュレーション・セクションでは2つのLFOにより、LFOのレベルを左右のチャンネル・パラメーターに割り当てることができるので、柔軟性に優れています。
スキューとワープのコントロールや、現在の波形を表示するビジュアル・ディスプレイなど非常に使いやすくなっています。==。
また、LFOの波形は可変で、正弦波、三角波、矩形波の間でスムーズに変化するように設定出来るようになっています。
この "フレキシブルLFO "が、従来のものよりも多くの波形を生成することは間違いありません。
しかしながら、ランダム波形があればさらに面白い使い方ができると思いますので、その点は残念なところです。

最後に、信号経路全体にソフトなサチュレーションとリミッターを追加・改良し、全体的なサウンドの向上とビンテージ風の温かみを加え、DAWのチャンネルをオーバーロードする恐れなく、極端なフィードバック実験ができるようにしました。

■主な特徴

ピッチシフティング
Discord4には、ビンテージ、クリーン、グラニュラーの3つのアルゴリズムを持つシフターが搭載されており、それぞれのスタイルでピッチシフティングを行うことができます。

バッファ・サイズ・コントロール
P1(Vintage)とP2(Clean)のアルゴリズムには、ピッチシフト効果を微調整するために、32~2048サンプルのバッファサイズコントロールがあります。

ディレイ
フィードバック、クロスフィードバック、洗練されたバンドパスフィルターを備えた、テンポシンクまたはフリーランのディレイ。

リバーブ
フィードバック・パスにシンプルなステレオ・リバーブを追加し、"揺らぎ "の効果やさらなるサウンドの探求が可能です。

モジュレーション
テンポシンクと任意の波形を持つ新しいFLFO(Flexible Low-Frequency Oscillator)を2つ搭載し、わずか3つのコントロールで無限に近いモジュレーション・シェイプを実現します。

トゥルーステレオオペレーション
Discord4は真のステレオ・シグナル・パスを持ち、左右を完全に独立してコントロールすることができ、ステレオ幅のパノラマ設定も可能です。

MIDIノート・コントロール
MIDIノート入力により、6オクターブのピッチシフトをコントロールできます。

新設計のGUI
ベクターベースのリサイズ可能なユーザーインターフェース

プリセット
クロスプラットフォームなXMLベースのプリセットマネージャー 

■システム要件

Windows
Windows 8.1以降およびa(64ビットのみ)
VST 32/64-bit
VST3 32/64ビット
AAX 64ビット

Mac
macOS 10.12以上(64ビットのみ)
VST 32/64-bit
VST3 32/64ビット
AAX 32/64ビット
AudioUnit 32/64-bit




サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

【新着】アフリカの魂を音楽に込めたサンプルパック『Voices From The Motherland』の魅力を紹介
最新ソウル・RnBトラックを彩る魅力的なボーカルサンプルパック『Velvet Voices - Future RnB Vocals』
最新トレンドを捉えたGlobal Psytrance Trendsサンプルパックでサイケデリックトランスを制覇
【特価£5】LoopCloud対応 テックハウスとスペイン調のボーカルを組み合わせた著作権フリーサンプルパック音源、SHARP『Tech House Latino』
『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!
【約50%OFF】Pluginboutiqueにてレイブやエレクトロニックミュージック制作に特化したサンプラーベースのインスト・プラグイン、Audio Blast『Rave Generator 3』が3月1日までセール中!
【20%OFFセール・新着】LoopCloud対応 テックハウス業界トップからインスピレーションを受けた著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Tech House x Female Vocals』リリース!
【新着】LoopCloud対応 モジュラーシンセによるアナログとデジタルの融合から生まれるハードダンス向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Hard Industrial Modular Techno』リリース!
REAKTOR Instruments - Beezlebaum レビュー Moog Voyager風の連続可変波形オシレータを2つ搭載したREAKTOR用サブトラクティブ・モノシンセ
Karanyi Sounds - Matra レビュー デュアルディレイエンジンで幻想的なエコーを作り出し、独創的な音色を実現 !スマートランダムボタンで即座にインスピレーションも!
【Plugin Boutique限定セールは2/15まで】 UJAM Beatmaker - CIRCUITS レビュー クラシックな初期のデジタル&アナログ・ドラムマシンのサウンドとグルーブを再現したプラグイン・インストルメント
【新着】LoopCloud対応 Skream、Benga、HamdiにインスパイアされたUKダブステップの新時代を切り拓くサンプルパック、Rewind Samples『Immortal: UK Dubstep』リリース!
【新着】LoopCloud対応 独特のPhonkサウンドでトラックに革新的な響きをもたらす、トラップ向け著作権フリーサンプルパック音源、21STRXXT Samples『Blueberry Phonk Vol. 1』リリース!
iZotope - Stutter Edit 2 レビュー サンプル、トラック、ミックスをスライスして、よく知られている「スタッター」効果をワンボタンで作成することができるプラグイン
【新着】LoopCloud対応 伝説的なシンセサイザーが詰まった90年代のハウスミュージックの魅力を現代に蘇らせる著作権フリーサンプルパック音源『Back To The Old Skool』リリース!
【新着】LoopCloud対応 日本レーベル「Tsunami Track Sounds」よりLyan Musicによる革新的なポップからサイケデリックトランス向け著作権フリーサンプルパック音源、『Psycho Psytrance』リリース!
LoopCloud対応のテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Unity Records『Unity Samples Vol.26 by D-Unity, Marck D』
【新着】LoopCloud対応 HardstyleとHard Technoの融合が生み出す、前代未聞の著作権フリーサンプルパック音源、Industrial Strength『Hardstyle Techno』リリース!