fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

Pulsar Audio - Mu レビュー 伝説のチューブコンプレッサーを完全再現!ハードウェアと同等のサウンドを確約しサイドチェーン機能も搭載した、ミックスとマスタリングの究極のソリューション。

Pulsar Audio - Mu レビュー


PulsarAudioMu_img01.jpg

Pulsar Audio『Mu』
参考価格22,994円(投稿時価格・為替により変動します)

→Pulsar Audio『Mu』の詳細・購入はこちらから

Pluginboutique様より製品のご提供を頂きましたのでレビューして行きたいと思います。
この場をお借りしてPluginboutique様並びに関係者様に感謝致します。

↓ プラグインを使用して制作したサウンドとビデオを作りました。
実際にプラグインの効果を確認出来ますのでよろしければご覧下さい。↓





MANLEY VARIABLE-MUを再現したプラグイン


Pulsar Audio『Mu』は正式なアナウンスは見つけられませんでしたが、見た目や機能などから、MANLEY VARIABLE-MUを再現したプラグインであると思います。

アナログ・コンプレッサーの設計には、VCAやFET、バルブやフォトセルなど、あらゆるものを含む多くの独創的なゲインリダクション設計が採用されており、そのすべてが独自のサウンド特性を持っているといえます。
Pulsar AudioのPulsar Muソフトウェア・コンプレッサーは、その透明性と、ミックス要素を過剰に処理することなくコンプレッションする能力で評価されている、プレミアム可変バイアス真空管コンプレッサーをベースにしています。
Pulsar Audioは、S/N比が改善されていること以外は、音楽制作の文脈においてPulsar Muのサウンドはハードウェアと同じであると主張し、バルブ/トランス回路など微妙な部分をすべて詳細にモデリングされています。

Pulsar Audio『Mu』は、左右またはMS(ミッドサイド)のステレオ・モードで動作し、バスまたはミックス・コンプレッサーとして設計されています。
もちろん各個別トラック、レベリング、リミッティング、または単に真空管回路を通すだけの微妙な暖かさを加えるなどの用途があると思います。
Pulsar Muは、Mac OSおよびWindowsマシン上で通常のネイティブプラグインフォーマットをサポートし、最大384kHzのサンプルレートで動作します。
認証にはiLokシステム(ハードウェア・ドングルまたはiLokクラウドを選択)を使用し、30日間の無料トライアルも提供されています。

Muのサイドチェーンは、オリジナルと全く同じと言うわけではなく、サードパーティのエンジニアがオリジナルに施したいくつかの改造を参考にしていますが、それに加えて、低音、中音、高音を調整する4つのコントロールを備えた、より完全なサイドチェーンEQセクションを提供しています。
ハードウェアでは不可能なもう一つの機能はルックアヘッドですが、Pulsar Audioはさらに進んでいます。
ルックアヘッドに加えて「ルックビハインド」オプションがあり、入力信号が到着する前または後にこのコンプレッサーが反応するように設定できます。

メインパネル


PulsarAudioMu_img07.jpg

メインパネルには、スレッショルド、アタック、出力レベル、リリースの各コントロールが左右のチャンネルに分かれており、リリースは5ポジションのスイッチで操作します。
中央には、チャンネルコントロールとサイドチェインをリンクさせ、L-RまたはM-S動作を選択するスイッチがあります。
また、チャンネルごとにコンプレッションとリミッターを選択するスイッチがあります。
中央上部の「Dual Input」と書かれたコントロールは、全体の入力ゲインを設定するためのもので、その下にはパラレルコンプレッションを行うためのウェット/ドライミックスコントロールがあります。

サイドチェイン


PulsarAudioMu_img05.jpg

一番下の青い部分には、内部または外部のサイドチェイン操作、スイープ可能なミッドを備えた3バンドのサイドチェインEQ、ルックアヘッド/ルックビハインド操作を選択するためのコントロール、そしてモニタリングモードを選択するための4つのボタンがあり、出力、サイドチェイン、L/M(レフト/ミッド)、R/S(ライト/ステレオ)のいずれかを選択することができます。

2モードのメーター・グラフィック


PulsarAudioMu_img03.jpg

このエミュレーションには、オリジナル・ユニットのアナログ・メーターのグラフィック表示が含まれていますが、ゲイン・リダクション・メーターがあるパネルをクリックすると、波形レベルとゲイン・リダクションを動くグラフィック・ディスプレイに表示する、非常に有益な「オルタネイト・ビジュアライゼーション」モードが追加されています。

PulsarAudioMu_img04.jpg


本家のVari-Muの特徴でもある、ヘビーなゲインリダクションをしても、他のコンプレッサーよりも自然で、元の素材のダイナミクス感を壊すことなく、レベルをコントロールすることが出来るように思います。
グループバスやミックスバスの仕上げとしても非常に効果的で、特にドラムミックスにはおすすめで、アタックや明瞭感を殺さずにコントロールしてくれます。
また、ボーカル・コンプレッサーとしても優れています。

Mixコントロールによるパラレル・コンプレッションも便利ですし、リミッターモードに切り替えれば、ウェット・シグナルに対してよりアグレッシブな効果をかけることができます。
ゲインリダクションの量やアタック/リリースの設定により、過激なコンプレッションから自然なコンプレッションまで、様々な効果が得られます。

非常に使いやすく、耳に優しいコンプレッサーで、様々なシーンにスタイリッシュに対応できると思います。

■サウンドの特徴


Pulsar Muのサウンドは、暖かみと透明感が主な特長です。
FETやVCAコンプレッサーとは異なり、極端な設定でもソフトで音楽的な輪郭を保ちます。
Muでは、ソースの自然なダイナミクスを尊重しながら、動きを加えることができます。

マスタリング

Muの最もおすすめな使い方はマスタリングで、あらゆるミックスをウォームに仕上げます。
レベラーとして透過的に使用することもできますし、コンプレッサーとして使用することもできます。
また、リミッターとして使用することもできます。
さらにMid/Sideモードで使用すると、ステレオイメージを向上させたり、過度にワイドなミックスを抑制したりすることができます。

ドラム・バス

Pulsar Muは、キック・ドラムの輪郭を保ちつつ、まとまりのあるドラム・バス・プロセッシングに必要なコンプレッションを素早く作り出すことができます。
選択したゲイン・リダクションとリリース・タイムに応じて、特定のスタイルの音楽に不可欠なルーム・アンビエンスを復元することができます。
(特にパラレル・コンプレッサーとして使用した場合)

アコースティックギター

Pulsar Muは、アコースティック・ギターの場合、ゲインリダクションを比較的低く設定することで、楽器の徳著を壊すことなく、オーガニックなグルーヴ感を生み出します。
この繊細さはギター・トラックを活気づけ、エッジと個性を与えるのに有効です。

スネアドラム

Pulsar Muは、迫力の無いスネアドラム・サウンドにボディとエッジを与えることができ、さらにミックスに埋もれないサウンドを維持することができます。
少しハードにすると、サスティーンやハーモニクス、さらにはアンビエンスを回復させることができます。

ボーカル

Pulsar Muは、かなり高い入力と中程度のアタック/リリースで、特にボーカルに適したサウンドを提供します。
緻密なミックスの中でも自然に聴こえるよう、アナログ・スタイルの暖かさを与えます。

■主な特長


トポロジー・プリザベーション・テクノロジー

パルサーのモデリング・テクノロジーは、オリジナル・デバイスの動作の完璧なエミュレーションを保証します。
トランス内の磁束の飽和状態から、真空管の正確なレスポンス、さらには微小な影響まで、すべてが完璧に再現されます。

外部サイドチェーン

Pulsar Muは、デジタル時代の全てのコンプレッサーがそうであるように、外部サイドチェイン入力を定義することができます。
これにより、ダッキングやディージング、お気に入りのEQでサイドチェイン信号をフィルタリングしたり、ダイナミック・プロセッシングを適用したりと、非常に幅広い調整が可能になります。

MS(ミッドサイド)・プロセッシング

Pulsar MuにはオプションのM/Sエンコーディングとデコーディングが内蔵されており、センターにパンされたサウンドとサイドにパンされたサウンドを異なる設定で別々に処理することができます。
さらに、"Listen "ボタンを使用することで、ミッドまたはサイドのみを聴くことができるます。
また、最新のビジュアライゼーションでは、作業中のチャンネルのみをモニターするように設定することができるため、自分が何をしているかを常に把握することができます。

ルックアヘッド・ルックビハインド

この革新的な機能は、入力に対してゲインリダクション信号のタイミングをずらすことができます。ルックアヘッドは、再生される前にMuが反応を開始し、完璧なリミッティングを実現します。
逆に、ルックビハインドはゲインリダクションを遅らせるため、速いトランジェントが処理されずに残ってしまい、対応するGRのピークが遅くなってしまいます。
これにより、例えばMuの後のトランジェントにクリッピングするなど、様々な可能性が広がります。

フレキシブルなサイドチェーン・イコライザー

サイドチェイン・イコライザーセクションはシンプルですが効率的です。
ハイパス・フィルターで低域が圧縮されるのを防ぎ、パラメトリック・ベル・フィルターでボーカルやその他の楽器のレスポンスを調整し、ポジティブまたはネガティブのハイシェルフ・フィルターでトップエンドの影響をコントロールすることで、ミックスに息吹を与えることができます。

低CPU負荷

非常に複雑なアルゴリズムを内蔵しているにも関わらず、システム・リソースをほとんど消費しないように設計されています。
Pulsar MuはCPUの機能を最大限に活用し、少ない資源でより多くのことを行います。
また、CPUに余裕のあるシステムの場合は、いつでもオーバーサンプリングをオンにして、最大384kHzで処理することができます!

■システム要件


Windows
Windows 7(SP1)/Windows 8.1/Windows 10(すべて64ビットのみ)
CPU インテル Core i3 / i5 / i7 / i9 / Xeon または AMD Quad-Core 以上
メモリ 4GBのRAMと1GBの空きディスク容量
GPU OpengGL 2.0対応のGPU
モニター 解像度:1024×768以上(1920×1080推奨)、リフレッシュレート:60Hz

互換性のあるプラグインフォーマット(32および64ビット)。
AAXネイティブ
VST 2.4
VST 3

Mac
MAC OS 10.8~OS11 Big Sur(M1アップルシリコン対応)(64ビットのみ)
CPU インテル Core i3 / i5 / i7 / Xeon
メモリ 4GBのRAMと1GBの空きディスク容量
GPU OpengGL 2.0対応のGPU
モニター 解像度:1024×768以上(1920×1080推奨)、リフレッシュレート:60Hz

互換性のあるプラグイン形式(64ビットのみ)。
AAXネイティブ
オーディオユニット
VST 2.4
VST 3








サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!
【約50%OFF】Pluginboutiqueにてレイブやエレクトロニックミュージック制作に特化したサンプラーベースのインスト・プラグイン、Audio Blast『Rave Generator 3』が3月1日までセール中!
【20%OFFセール・新着】LoopCloud対応 テックハウス業界トップからインスピレーションを受けた著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Tech House x Female Vocals』リリース!
【新着】LoopCloud対応 モジュラーシンセによるアナログとデジタルの融合から生まれるハードダンス向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Hard Industrial Modular Techno』リリース!
REAKTOR Instruments - Beezlebaum レビュー Moog Voyager風の連続可変波形オシレータを2つ搭載したREAKTOR用サブトラクティブ・モノシンセ
Karanyi Sounds - Matra レビュー デュアルディレイエンジンで幻想的なエコーを作り出し、独創的な音色を実現 !スマートランダムボタンで即座にインスピレーションも!
【Plugin Boutique限定セールは2/15まで】 UJAM Beatmaker - CIRCUITS レビュー クラシックな初期のデジタル&アナログ・ドラムマシンのサウンドとグルーブを再現したプラグイン・インストルメント
【新着】LoopCloud対応 Skream、Benga、HamdiにインスパイアされたUKダブステップの新時代を切り拓くサンプルパック、Rewind Samples『Immortal: UK Dubstep』リリース!
【新着】LoopCloud対応 独特のPhonkサウンドでトラックに革新的な響きをもたらす、トラップ向け著作権フリーサンプルパック音源、21STRXXT Samples『Blueberry Phonk Vol. 1』リリース!
iZotope - Stutter Edit 2 レビュー サンプル、トラック、ミックスをスライスして、よく知られている「スタッター」効果をワンボタンで作成することができるプラグイン
【新着】LoopCloud対応 伝説的なシンセサイザーが詰まった90年代のハウスミュージックの魅力を現代に蘇らせる著作権フリーサンプルパック音源『Back To The Old Skool』リリース!
【新着】LoopCloud対応 日本レーベル「Tsunami Track Sounds」よりLyan Musicによる革新的なポップからサイケデリックトランス向け著作権フリーサンプルパック音源、『Psycho Psytrance』リリース!
LoopCloud対応のテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Unity Records『Unity Samples Vol.26 by D-Unity, Marck D』
【新着】LoopCloud対応 HardstyleとHard Technoの融合が生み出す、前代未聞の著作権フリーサンプルパック音源、Industrial Strength『Hardstyle Techno』リリース!
【新着】LoopCloud対応 日常の音をユニークなパーカッションに変える独創的なビートを収録したサンプルパック、Blind Audio『Object Obscura - Organic Rhythms』リリース!
【新着】LoopCloud対応 98〜126BPMの伝統的アフロビートのボーカルフレーズ&ループを収録した著作権フリーサンプルパック音源、Vital Vocals『Afrobeat Vocal Drops』リリース!
【新着】LoopCloud対応 ディープハウス向けの豊かなループ、メロディックなサウンド、MIDIファイル著作権を収録したフリーサンプルパック音源『Deep & Organic House』リリース!
Native Instruments - KONTAKT用音源『LORES』 レビュー 373のプリセットが含まれた自然な音色を持つ楽器の音を集めた「Organic Texture Instrument」