fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

AIR Music Technology - Odyssey レビュー 歴史的名器「ARP Odyssey」をエミュレーションしたバーチャル・インストルメント・プラグイン

AIR Music Technology - Odyssey レビュー


AMT_Odyssey_IMG00.png

AIR Music Technology『Odyssey』
通常価格17,571円(投稿時価格・為替により変動します)

AIR Music Technology『Odyssey』→ 購入はこちらから


Pluginboutiqueより製品をご提供を頂きましたのでレビューして行きたいと思います。
この場をお借りしてPluginboutique様並びに関係者様に感謝致します。

AIR Music Technology『Odyssey』は歴史的名器「ARP Odyssey」をエミュレーションしたバーチャル・インストルメント・プラグインでです。
TimewARP2600とKick Axeを開発したWayOutWareの協力により開発されたこのプラグインは、幅広いサウンドチューニング機能をわかりやすいインターフェースに凝縮して提供されている印象です。
デュアルオシレーターとモノラルからポリフォニックまで、最大4ボイスで演奏することができます。

さすがにオリジナルのARP Odysseyは 所有したことがなく、YMO等の楽曲で使用されているサウンドを間接的に比較するしかありませんがARP Odysseyのサウンドを 非常によく再現していると思いました。
Odysseyの 特徴であるオシレーターやLFO、サンプル&ホールド、各種モジュレーション、ハイパス&ローパスフィルターなどその魅力を存分に味わうことができるプラグインだと思います。
もちろんファクトリープリセット豊富に 用意されていますので、Odysseyの魅力を オリジナルの楽曲に加えることができると思います。

それでは詳細を見ていきたいと思います。

まずは 1番左のセクションです。

AMT_Odyssey_IMG01_NOISE.png

ここには、「White」「Pink」の 選択が可能なノイズジェネレータ
「Duo, Mono, 2,3,4 」の ボイスモード(発音数)の選択が行える「Voice Count 」
0から1.5秒までの 範囲で時間を設定できるポルタメント。
ポルタメントをコントロールするためのエクスプレッションペダルの有効、無効を設定する「Exp Pedal 」ボタン
ポルタメントをフットスイッチで操作することの有効、無効を設定する「Footswitch」ボタン
「-2, 0, +2」の トランスポーズスイッチ等が搭載されています。

次はVCO1とVCO2のセクションです。

AMT_Odyssey_IMG02_OSC.png

VCO1は上部左には「Frequency」のピッチ調整(Coarse)とピッチ微調整(Fine)があり、その左側に「LFO」と「AUDIO」のボタンがあります。
このボタンはAudioに設定すると、 一般的なシンセサイザーの音源としてピッチが生成されます。
LFOに設定すると、VCOはLFOによって制御され、VCO2 のモジュレーションに使用できます。
下の左側にはFM(フリケンシーモジュレーション)セクションがあり、MOD1ではセレクトした2種類のLFO波形により音程の揺らぎを 得ることができます。
MOD2にはS/HとADSRの切り換えボタンがあり、S/Hは鍵盤を押すたびにランダムな ピッチでモジュレーションがかかり、ADSRはいわゆるADSRエンベロープにより ピッチエンベロープ効果を得ることができます。
その左には、パルスワイズモジュレーションセクションがあり、WIDTHで パルス波の波形を変化させ、MODでは2種類のLFO波形でパルスワイズ対してモジュレーションをかけることができるようになっています。

VCO2は基本的にはVCO1と同じですが、VCO1にあった「LFO」と「AUDIO」ボタンがなく、「Sync」ボタンがあり、VCO2をVCO 1の周波数に同期させ特徴的なサウンドを出すことができるようになっています。

このVCOセクションには 通常はあるはずVCOの波形を選択するところがありません。
私も最初は戸惑ったのですが、よく見るとVCOの波形は右側のオーディオミキサーセクションのVCOインプットボタン「Saw」と「Pulse」が選択できるようになっています。

次はLFOセクションです。

AMT_Odyssey_IMG03_LFO.png

1番左上には ボタンがあり、LFOのスピードをテンポに同期させるか、隣の「LFO SPEED」で設定するかを選択できるようになっています。

その下には、各VCOセクションの「MOD2 S/H」で 使用する、サンプル/ホールド波形を設定、ミキシング するセクションです。
ホダリ側からVCO1と2の各スライダーでサンプル/ホールドの量を、ボタンで波形を選べるようになっています。
その隣の「TRIG LFO」はサンプル/ホールドをトリガーするソース信号を、LFOまたはキーボードから選べるようになっています。
1番右側の「LAG」 スライダーはサンプルホールド信号をスムージングすることができ、 スライダーを上げることにより、だんだんと関係がスムーズになってきます。

これらのサンプル/ホールド 関連の設定はVCOセクションの「MOD2 S/H」 スライダーを上げていなければ、 音は全く変わりませんのでお気をつけ下さい。

その隣には、VCF、 VCA、ミキサーのセクションです。

AMT_Odyssey_IMG04_VCF_VCA.png

上部左側より、おなじみのVCFカットオフ、VCFレゾナンス、そしてハイパスフィルターのスライダー
、VCAゲインのスライダーが用意されています。

下部には左側よりノイズ/リングモジュレータがあります。
スライダー下のボタンで「ノイズジェネレータ」または「リングモジュレーション」を選択し、スラーダーでミキサーに入力するレベルを調整します。
「ノイズジェネレータ」「リングモジュレーション」は同時に使う事はできないようです。

その隣にはVCO1とVCO2のオーディオミキサーへのレベルスライダーがあります。
先ほども記載しましたが、各VCOの波形はスライダ下のボタンで設定するようになっています。

その隣にはフィルターへのモジュレーション・スライダーがあります。
左からVCO1フィルターモジュレーションのレベルと入力ソース設定ボタン。
キーボードからの入力をソースとして使用する場合は、KYBD CVを選択し、S/H MixerまたはPedalを選択して、Sample and Holdジェネレーターまたはオプションの外部ペダルが使用出来ます。

その隣は、VCO2フィルターモジュレーションのレベルと入力ソース設定ボタン。
S/HまたはLFO Sineを選択して、Sample and HoldジェネレーターまたはLFOのサイン波が使用出来ます。

このセクションいちばん左側はVCAのモジュレーション・ソースを次項で設定する、ADSRエンベロープまたはARエンベロープから選ぶことが出来るようになっています。

次はいちばん 右側にあるエンベロープジェネレーター・セクションです

AMT_Odyssey_IMG05_ENV.png

エンベロープジェネレーターは、一般的な アタックとリリースのAR方式と アタック、ディケイ、サステーン、リリースのADSR方式の2基が装備されています。
またトリガーとして通常の キーボードからの信号のほかにエルエフオー制御することもできるようになっています

画面下部にはエコーとグローバルコントロールの設定パネルがあります。

AMT_Odyssey_IMG06_ECHO_GLOBAL.png

左側はムーバブルヘッド・テープディレイを再現したエコーで、左側からON/OFF スイッチ、 エコータイムをDAWの 店舗にシンクするか、 エコータイムスライダーで設定した値にするかを選択するスイッチ、 エコーのリピート回数を設定するサステイン、 エコーレベル等を設定することができるようになっています。
隣のグローバルコントロールパネルは、左からモジュレーションホイールのでのLFOビブラート値の設定、 モジュレーションホイールでのパルスワイズモジュレーション量の設定、VCFベロシティ量、VCAベロシティ量の設定つまみがあります。

プリセットはベース、リード、シンセ、パッド、FXなどの ジャンルに分けられた音色が150 用意されています。

AMT_Odyssey_IMG07_PROGRAM_T.jpg



■主な特徴
  • 150種類のファクトリー・プリセット
  • デュアル・オシレーター、LFO、サンプル・アンド・ホールド、リングモジュレーション、ハイパス、ローパス・フィルター
  • 回路のモデリングを用いたオシレーターとフィルター
  • 優れたタッチインターフェース
  • エクスプレッションペダルによるモジュレーション、ベロシティ、チャンネルプレッシャーに対応
  • Odysseyをモノラル、デュオフォニック、または最大4ボイスのポリフォニックシンセとして使用可能
  • 1970年代のムーバブルヘッド・テープディレイの忠実な再現




サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

サウンドスケープの新境地!Polyscape Novaで創る80年代・90年代風の音楽 プラグインレビュー
サブベースからダブステップまでのベース音源Excite Audio - Bloom Bass Impulse活用法
Nepheton 2徹底解説!TR-808超えのポテンシャルを持つ最新ドラムマシンの魅力
サウンドデザイナーの魂が息づく『Synth Odyssey』サンプルコレクションの世界
Habischman Analog Sensesで創造性を解放!最新サンプルパックの魅力を紹介
心地よいソウル音楽の世界へ誘うサンプルパック「Sweet Soul Guitars」の魅力
最新のエレクトロビートを作る!サンプルパック「Impulse Sequence」レビュー
最先端のテクノサウンドを求めるあなたへ!Techno Decentで創造力を解放
【新着】アフリカの魂を音楽に込めたサンプルパック『Voices From The Motherland』の魅力を紹介
最新ソウル・RnBトラックを彩る魅力的なボーカルサンプルパック『Velvet Voices - Future RnB Vocals』
最新トレンドを捉えたGlobal Psytrance Trendsサンプルパックでサイケデリックトランスを制覇
【特価£5】LoopCloud対応 テックハウスとスペイン調のボーカルを組み合わせた著作権フリーサンプルパック音源、SHARP『Tech House Latino』
『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!
【約50%OFF】Pluginboutiqueにてレイブやエレクトロニックミュージック制作に特化したサンプラーベースのインスト・プラグイン、Audio Blast『Rave Generator 3』が3月1日までセール中!
【20%OFFセール・新着】LoopCloud対応 テックハウス業界トップからインスピレーションを受けた著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Tech House x Female Vocals』リリース!
【新着】LoopCloud対応 モジュラーシンセによるアナログとデジタルの融合から生まれるハードダンス向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Hard Industrial Modular Techno』リリース!
REAKTOR Instruments - Beezlebaum レビュー Moog Voyager風の連続可変波形オシレータを2つ搭載したREAKTOR用サブトラクティブ・モノシンセ
Karanyi Sounds - Matra レビュー デュアルディレイエンジンで幻想的なエコーを作り出し、独創的な音色を実現 !スマートランダムボタンで即座にインスピレーションも!