fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

【約20%OFF】Pluginboutiqueにて、単純なアイディアも魅力的な音楽へと変身させる、サウンドに動きとエネルギーを加える新しいエフェクトプラグインArturia『Efx MOTIONS』が11月17日までセール中!

Arturia - Efx MOTIONS レビュー


Efx_MOTIONS_img00.jpg

【約20%OFF】Pluginboutiqueにて、プラグインArturia『Efx MOTIONS』が11月17日までセール中!
参考価格16,304円が特価13,010円(投稿時価格・為替により変動します)

Arturia『Efx MOTIONS』→ 購入はPluginboutiqueがお得です。

Pluginboutiqueより製品をご提供を頂きましたのでレビューして行きたいと思います。
この場をお借りしてPluginboutique様並びに関係者様に感謝致します。



はじめに


最近、音楽制作に関するソフトウェアやプラグインの進化は目覚ましいものがあります。
このEfx MOTIONSという プラグインエフェクトもその中の1つに数えられると思います。
この記事では、この革命的なソフトウェアEfx MOTIONSについて、その特徴や利点を詳しく解説いたします。
記事を読んでいただくことで、Efx MOTIONSの基本的な使い方や、どのように音楽制作に活用できるかを理解し、あなたの音楽制作のクオリティを向上させるための新しいツールとしてEfx MOTIONSを活用する方法が 理解できればと思っています。

Creative Movement Shaper


Efx MOTIONSの「Creative Movement Shaper」という機能は、文字通り音楽やサウンドに「動き」を加えるためのツールとして設計されています。
音楽制作において、同じループやパターンが繰り返されると、リスナーにとって退屈なものとなってしまうことがあります。
この「動き」を加えることで、サウンドが生き生きとし、リスナーの興味を引き続けることができると思います。

Efx MOTIONSは大きく分けて上段、中段、下段の3つのセクションに分かれています。

上段は入力ソースの波形が表示され、ドラッグすることにより、どの周波数帯域にエフェクトを適用するか調整することが出来るようになっています。

Efx_MOTIONS_img06.jpg

中段は、ボリューム、ノイズ、フィルター、ドライブ、エフェクトなどのセクションがあり、このプラグイン・エフェクトの主要モジュールが搭載されています。

Efx_MOTIONS_img07.jpg

下段はモジュレーションソースで、シーケンサーやランダムジェネレーター、マクロなどが搭載されています。

Efx_MOTIONS_img08.jpg

どのように動きを加えるのか?


「Creative Movement Shaper」は以下の機能によってサウンドに動きを加えます。

フィルタリング
サウンドの特定の周波数を強調したり、カットしたりすることで、サウンドに変化や動きを加えることができます。

モジュレーション
LFO(Low Frequency Oscillator)などのツールを使用して、サウンドのピッチやボリューム、パンニングなどのパラメータを時間とともに変化させることができます。

ビートリピート
ドラムやリズムの特定の部分を繰り返すことで、サウンドにダイナミックな変化を加えることができます。

なぜ「動き」が重要なのか?

音楽やサウンドデザインにおいて、静的な要素だけではなく、動的な要素も非常に重要です。
「動き」を加えることで、以下のような効果が得られると思います。

  • リスナーの興味を引き続ける
  • サウンドに深みや立体感を持たせる
  • サウンドの各部分が互いに干渉しないようにする
  • トラック全体に変化や進化を持たせる

「Creative Movement Shaper」は、音楽制作におけるクリエイティブなアプローチの一つとして、多くのプロデューサーやサウンドデザイナーに利用されると思います。
初心者の方も、この機能を使用して、自分の音楽に新しい風を吹き込むことができるのではないでしょうか?

リスナーに飽きられないようなサウンド


一部の音楽ジャンルを除き「リスナーに飽きられないようなサウンド」というのは、音楽やサウンドが一定のリズムやパターンで繰り返されることを避け、リスナーの興味を持続的に保つためのテクニックやアプローチのことを指します。
Efx MOTIONSを利用することで、さまざまな方法で音楽に動きや変化を加えることができると思います。

どのようにリスナーに飽きられないようなサウンドにするのか?


動的なフィルタリング
「Creative Movement Shaper」では、通常のフィルター効果はもちろんですが、音楽の一部にだけフィルターを適用して、その部分のサウンドを変化させることができます。
これにより、サウンド全体が単調になるのを防ぐことができます。

Efx_MOTIONS_img01.jpg

ディストーション
サウンドにわずかな歪みやノイズを追加することで、リスナーの耳を引きつけ、サウンドに緊張感をもたらすことができます。

Efx_MOTIONS_img02.jpg

Efx_MOTIONS_img03.jpg

ビートリピーティング
特定のビートやリズムを短い間隔で繰り返すことで、リスナーに予期せぬサプライズを提供し、曲全体の興味を保つことができると思います。

Efx_MOTIONS_img04.jpg

エフェクトの自動化
Efx MOTIONSには、エフェクトの強さや適用度合いを時間経過とともに変化させる自動化機能があります。
この機能を利用することで、サウンドに動的な変化をもたらすことができると思います。

なぜこれが重要なのか?


音楽やサウンドデザインにおいて、変化や動きのないサウンドはリスナーを飽きさせてしまう可能性があります。
特に、現代のリスナーは多くの情報や刺激に囲まれているため、新しいものを求める傾向があります。
そのため、音楽制作においても、常に新しい要素や変化を取り入れることが求められます。

サウンドを活性化させる


「サウンドを活性化」させるとは、単純なループやリズムから、変化やダイナミクスを持った、リスナーの興味を引き続けるようなサウンドを生み出すことを意味します。
この過程で、Efx MOTIONSのようなツールを使用すれば、様々なエフェクトや変調を適用することができます。

どのような手法でサウンドを活性化させるか?


カーブやエンベロープを描画
Efx MOTIONSでは、カーブやエンベロープを直接描画することで、特定のサウンドやエフェクトのパラメーターを時間とともに変化させることができます。
これにより、サウンドに自然な動きや変化を持たせることができます。

Efx_MOTIONS_img05.jpg

自動化と多面的な動き
曲の進行に応じて、異なるエフェクトやパラメータを自動的に変化させることで、サウンドに変化やダイナミクスを追加することができます。

スタッターやライザーの使用
スタッターエフェクトは、サウンドを細切れにしてリピートさせることで、リズムの変化を生み出します。
ライザーは、クレッシェンドやテンションを高めるのに役立ちます。
これらの効果を作り出すためにEfx MOTIONSは非常に役に立つツールです。

どうしてサウンドに動きや変化が必要なのか?


一定のリズムやメロディだけの曲は、聞いているうちにリスナーの興味を失ってしまうことがあります。
変化を加えることで、リスナーの注意を引き続けたり、感情的な繋がりを深めることができます。
音楽制作のプロフェッショナルは、サウンドに深みや変化を持たせることで、他の多くのトラックと差別化する方法を知っています。
Efx MOTIONSのようなツールを活用することで、このアプローチを簡単に、効果的に実践することができると思います。

サウンドにアニメーションを追加


「サウンドにアニメーションを追加」とは、音楽やサウンドに時間とともに変化する動きやパターンを導入することを意味します。
このアニメーションは、サウンドが単調にならないように、またリスナーの興味を引き続けるために非常に重要です。

どのような方法でアニメーションを追加できるのか?


エンベロープを使用する
サウンドのボリューム、ピッチ、フィルターカットオフなどのパラメータにエンベロープを適用します。
例えば、サウンドが徐々に大きくなったり、小さくなったりすることで、サウンドに動きや変化を持たせることがEfx MOTIONSでは直感的に実現できます。

オートメーションを使用する
DAW内で、特定のサウンドパラメータの時間とともの変化をプログラムすることもいいでしょう
これにより、例えばサウンドのパンニングを左から右に動かす、フィルターのカットオフを上げたり下げたりするなど、Efx MOTIONSを使用してサウンドに動きを持たせることができると思います。

モジュレーション・ソースを使用する
LFOやエンベロープフォロワーなどのモジュレーション・ソースを使用して、サウンドの特定のパラメータを動的に変化させることができます。
このモジュレーション・ソースを使用することで、サウンドにリズミカルな動きやテクスチャーを追加することができる用になっています。

このように単調なサウンドよりも、アニメーションを追加することで、サウンドがよりリッチで複雑に感じられると思います。
Efx MOTIONでは曲のエネルギーレベルや感情をコントロールし、より表現豊かで魅力的なサウンドを作成することができると思います。

リアルタイムでのクリエイティブミキシング


音楽制作やDJパフォーマンスにおいて、サウンドの要素を動的に調整し、その場で変更を加えるプロセスを「リアルタイムミキシング」と言います。
特に「クリエイティブミキシング」とは、ただ音量を調整するだけでなく、さまざまなエフェクトや変更を加えて、独自のサウンドや雰囲気を作り出すことを指します。

リアルタイムミキシングの魅力とは?


リアルタイムでのミキシングを行うことで、即座にその効果を確認することができます。
あらかじめ決められたパラメータに縛られることなく、その場の感じやインスピレーションに従ってサウンドを変えることができ、トラックやサウンドの動的な変化をリアルタイムで操作することで、より生き生きとした表現が可能となります。

Efx MOTIONSでのリアルタイムミキシングの利点


Efx MOTIONSは、リアルタイムミキシングを支援する多くの機能を持っています。
例えば、プロジェクト内の異なる要素がリアルタイムで互いに作用し合い、新しい音の組み合わせやテクスチャを作り出すことができます。
また、複数のエフェクトをリアルタイムで組み合わせることで、独自のサウンドデザインやエフェクトチェーンを作成することができます。

リアルタイムでのクリエイティブミキシングは、音楽制作やライブパフォーマンスにおける重要なスキルの一つと言えるでしょう。
Efx MOTIONSを使用すれば、このスキルをさらに磨き、音楽制作の幅を広げることができるようになっています。

映画やゲームなどのサウンドデザインにも


映画やゲームなどのサウンドや設計・制作するのにも、このEfx MOTIONSは新しい次元を開拓することができると思います。

複数のFXのスタックと織り交ぜ


一つのサウンドに対して複数のエフェクトを順番に適用することで、サウンドに深みや複雑さを持たせることができます。
例えば、リバーブの後にディストーションを適用すると、全く新しいサウンドを作り出すことができるのではないでしょうか?
Efx MOTIONSでは複数のエフェクトを同時に使用し、それらのバランスを調整することで、独自のサウンドテクスチャを作成することができます。

サウンドの変形と進化


Efx MOTIONSの強力なツールセットを使用することで、元のサウンドを変形させ、時間とともに進化させることができます。
サウンドのピッチやボリュームを変化させ、サウンドに動きを加えたり、タイムストレッチによりサウンドの長さを変えずにピッチを変更することで、サウンドのキャラクターを変えることも出来るようになっています。

空間的なデザイン


モジュレーションやフィルターなどの他に、リバーブやディレイを使用して、サウンドを立体的な空間効果をえることができ、リスナーに臨場感を提供することができます。

Efx MOTIONSは、これらのサウンドデザインのテクニックを応用し、独自の音楽やサウンドスケープを作成するための強力なツールとなっています。

まとめ


Efx MOTIONSは、その多彩な機能と革新的なアプローチにより、音楽制作の新しい可能性を広げてくれる素晴らしいツールだと思います。
この記事を通じて、Efx MOTIONSの基本的な特徴や利点について理解していただけたかと思います。
音楽制作に新しい風を吹き込みたい方は、ぜひEfx MOTIONSを試してみてください。
新しい音楽の旅が待っていると思います。

アフィリエイトリンクとその説明


下記のリンクから"商品タイトル"を購入することができます。


上部にもリンクがあります。
こちらはアフィリエイトリンクで、あなたがこのリンクを経由して購入すると、私は小さなコミッションを得ることができます。
これはあなたに追加費用はかかりませんが、私のブログの運営を支える手段となります。
私たちの提供する情報が役立つと感じた場合、購入をご検討いただけますと幸いです。


YouTube動画






→最新の動作環境はこちらをご覧ください「ARTURIA オフィシャルページ(英語)」



サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

最新テクノサウンド集: 「Unity Samples Vol.35」レビュー: Marck Dのキットで可能性を広げよう
Wave Alchemy - Glow レビュー 80年代サウンド再現!RMX Reverbで懐かしのアンビエントを体験
【ディープなアンビエントヒップホップ体験】Blind Audioが贈るサンプルパック「Somnum Aeternum」
ディープなグルーヴを創造する!サンプルパック「Glitched Minimal House」の魅力と活用法
80年代のPCM-60サウンドを現代の技術で蘇らせる、Pulseプラグイン詳細レビュー(オリジナルとの比較あり)
サウンドスケープの新境地!Polyscape Novaで創る80年代・90年代風の音楽 プラグインレビュー
サブベースからダブステップまでのベース音源Excite Audio - Bloom Bass Impulse活用法
Nepheton 2徹底解説!TR-808超えのポテンシャルを持つ最新ドラムマシンの魅力
サウンドデザイナーの魂が息づく『Synth Odyssey』サンプルコレクションの世界
Habischman Analog Sensesで創造性を解放!最新サンプルパックの魅力を紹介
心地よいソウル音楽の世界へ誘うサンプルパック「Sweet Soul Guitars」の魅力
最新のエレクトロビートを作る!サンプルパック「Impulse Sequence」レビュー
最先端のテクノサウンドを求めるあなたへ!Techno Decentで創造力を解放
【新着】アフリカの魂を音楽に込めたサンプルパック『Voices From The Motherland』の魅力を紹介
最新ソウル・RnBトラックを彩る魅力的なボーカルサンプルパック『Velvet Voices - Future RnB Vocals』
最新トレンドを捉えたGlobal Psytrance Trendsサンプルパックでサイケデリックトランスを制覇
【特価£5】LoopCloud対応 テックハウスとスペイン調のボーカルを組み合わせた著作権フリーサンプルパック音源、SHARP『Tech House Latino』
『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!