fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

0 コメント

【ホリデーセール約72%OFF】ビンテージ感溢れるローファイエレピ&シンセをノイズレイヤーで個性的なサウンドに仕上げた、Karanyi Sounds『Lofi Keys』が1月15日までセール中!

Karanyi Sounds - Lofi Keys レビュー


Lofi Keys-img00

Karanyi Sounds『Lofi Keys』
参考価格10,790円が特価2,971円(投稿時価格・為替により変動します)

Karanyi Sounds『Lofi Keys』→ 購入はPluginboutiqueがお得です。

Pluginboutiqueより製品をご提供を頂きましたのでレビューして行きたいと思います。
この場をお借りしてPluginboutique様並びに関係者様に感謝致します。




Lofi Keys 1.0とは何か?


「Lofi Keys 1.0」は、ローファイ・ミュージック制作に特化した革新的な音楽プラグインです。
このソフトウェアは、独特のアンビエントやチルアウトトラックの制作を容易にするために設計されています。
特徴的なのは、その豊富なプリセットとカスタマイズ可能なエフェクトで、ユーザーが自分だけの独自のサウンドを作り出すことができます。
また、直感的な操作性と柔軟なカスタマイズオプションにより、初心者からプロまで幅広いユーザーに対応しています。

システム要件とインストール方法


Lofi Keys 1.0を使用するためには、システム要件を満たす必要があります。
MacOSではMac OS X 10.11以上、WindowsではWindows 7以上が必要です。
また、4GBのRAM(推奨は8GB)、2GHz以上のCPU、2GBの空きディスクスペースが必要です。
64ビットのDAW/ホストソフトウェアに対応しています。

インストールは、購入後ダウンロードし、付属のインストーラを実行するだけです。
プラグインを初めて起動する際には、購入時に提供されるシリアルナンバーの入力が求められます。

メインプリセットウィンドウの使い方


Lofi Keysのメインプリセットウィンドウでは、40種類以上の工場出荷時のプリセットを選択できます。
プリセットの名前をクリックするか、次または前のプリセットに進むための○印をクリックします。保存したプリセットもここで管理することができ、自分の作成したプリセットも簡単に呼び出すことが可能です。

Lofi Keys-img01


サウンド選択とカスタマイズ


Lofi Keys 1.0では、サウンドの選択とカスタマイズが重要な機能です。
このセクションでは、その方法について詳しく説明します。

サンプルソースの選択


ユーザーは一つまたは二つのサンプルソースを選択し、サウンドの基礎となる音色を決定します。

Lofi Keys-img03

サンプルタイトルをクリックすることで選択が可能です。

Lofi Keys-img02

サンプル選択2は、サンプルタイトルの左側にある小さなボタンでオン/オフができます。

ボリューム調整

ソースサンプルのボリューム(音量)を変更できます。

トーン調整

ソースサンプルに低音または高音のEQブーストを加えることができます。
これにより、サンプルの音質を微調整できます。

ピッチの微調整

サンプルのピッチ(音の高さ)を微調整できます。
細かい音の変更によって、サウンドのニュアンスを調整できます。

オクターブの選択

サンプルを三つの異なるオクターブのピッチから選択できます。
これにより、サウンドの高さや深みを変更できます​​。

これらの機能を組み合わせることで、ユーザーはLofi Keys 1.0を使って独自のサウンドを作り出すことができます。
サンプルの選択から始まり、ボリューム、トーン、ピッチ、オクターブの各パラメータを調整することにより、豊かで多様な音楽表現が可能になります。
これらの設定を変更することで、ローファイジャンルに特有の暖かく心地よいサウンドを作り出すことができるでしょう。

サウンドカラーの変更ととモジュレーション


ノイズレイヤーの追加


Lofi Keys-img04

Lofi Keysでは、サウンドにビンテージ感を加えるために様々な種類のノイズを重ねることができます。
例えば、ビニールレコードのクラックルやテープマシンのヒスノイズなどを選択し、それらの音量を調整することで、トラックに独特の温かみとビンテージ感を与えることが可能です。

ノイズの種類
ユーザーは、5種類のノイズタイプから選ぶことができ、それぞれのノイズはサウンドに異なるキャラクターをもたらします。
例えば、ビニールノイズ(VINYL)は古典的なレコードの質感を、テープヒス(CAS)は古いテープレコーダーの感触を再現、VHSビデオテープのノイズも搭載しています。

Lofi Keys-img05

レベル調整
ノイズのレベル(VOLUME)を調整することで、ノイズがサウンドに与える影響の度合いを制御できます。微妙なノイズでさりげない質感を加えることも、強く目立たせることも可能です。

モジュレーション


Lofi Keys-img06

トレモロ効果(TREM)
トレモロは、音量の揺れを生み出す効果です。この効果を利用することで、サウンドにリズミカルな動きや生き生きとした表情を加えることができます。速度や深さを調整することで、サウンドに微妙な変化から劇的な変化まで幅広く与えることが可能です。

WOW
サウンドのピッチ(音高)が時間と共に変動します。
これにより、サウンドに揺らぎやうねりを加えることができ、特にローファイ音楽ではこの効果が重要な役割を果たします。
微妙なビブラートから、強烈なウォーブル効果まで様々な表現が可能になります。

Lofi Keysのモジュレーション機能を利用することで、サウンドに深みと動きを加えることができます。
これらの機能は、特にローファイ音楽の制作において重要で、サウンドに独特の雰囲気を与えるための重要なツールです。
ユーザーはこれらの機能を駆使することで、自分だけのオリジナルなサウンドを作り出すことができます。

シェイプとFXの調整


Lofi Keysでは、サウンドの「シェイプ(形状)」を決定するために、ADSR(Attack, Decay, Sustain, Release)コントロールを使います。
また、サウンドの空間的な特性や質感を変えるために、様々なFX(エフェクト)が提供されています。

ADSRコントロールの活用


Lofi Keys-img07

Attack (アタック)
音が始まってから最大音量に達するまでの時間を調整します。
アタックを長くすると、音がゆっくりと強くなり、柔らかい印象を与えます。短くすると、音が急激に強くなり、よりパンチのあるサウンドになります。

Decay (ディケイ)
音が最大音量からサスティンレベルに落ち着くまでの時間を調整します。
ディケイを長くすると、音がゆっくり減衰し、自然な響きを生み出します。
短いディケイは、音がすぐに小さくなり、よりタイトな感じを与えます。

Sustain (サステイン)
音の持続レベルを設定します。
サステインが高いと、キーを押し続けている間、音量が高いまま保たれます。
低いサステインは、キーを押し続けても音量が小さくなります。

Release (リリース)
キーを離した後、音が消えるまでの時間を調整します。
長いリリースは、音がゆっくりと消えることを意味し、残響のような効果を生み出します。
短いリリースは、音が急速に消え、よりドライな感じを与えます。

FXの種類と調整


Lofi Keys-img08

ディメンジョン・コーラス

Lofi Keys-img09

サウンドに幅と深みを加えます。
コーラスは複数の音を重ねることで、より豊かで広がりのあるサウンドを生み出します。

サーチュレーション・ビットクラッシュ・エキサイター

Lofi Keys-img10

高周波数の明瞭さと存在感を強化します。
これらを使用すると、サウンドがよりクリアになったり、歪みにより個性的なサウンドに変わります。

リバーブ (Reverb)

Lofi Keys-img11

空間感を追加し、サウンドに深みと広がりを与えます。
様々なリバーブを使用することで、音がより自然で生き生きとした印象を与えます。

これらのADSRコントロールとFXを適切に調整することで、サウンドのキャラクターを大きく変えることができます。
例えば、ローファイのトラックでは、柔らかいアタック、短いディケイ、中程度のサステイン、そして長いリリースを使って、温かみのあるサウンドを作ることができます。
また、エフェクトの組み合わせによって、ユニークな音響空間を作り出すことも可能です。

スマートランダマイザーの活用


Lofi Keys-img12

概要

スマートランダマイザーは、Lofi Keysの中でも特にユニークな機能です。
この機能を使用すると、プリセットやサウンド設定にランダムな変更を加え、予期しない新しいサウンドを生み出すことができます。
このランダム化プロセスは、音楽制作に新鮮なインスピレーションをもたらし、創造的なアイデアを刺激します。

活用方法


インスピレーションの源として
制作中にアイデアに行き詰まったとき、スマートランダマイザーを使用することで、全く新しいサウンドの提案を受けることができます。
この新しいサウンドは、新たな音楽的アイデアのきっかけとなることがあります。

サウンドの探求
スマートランダマイザーを使用すると、自分では考えつかないようなユニークなサウンドコンビネーションを発見できます。
この機能により、様々な音色やエフェクトの可能性を探ることができます。

実験的なサウンド作り
ランダムなサウンド生成を積極的に利用して、実験的なトラックを作成することもできます。
意外なサウンドの組み合わせが、新しい音楽的表現を引き出すことがあります。

 スマートランダマイザーで生成されたサウンドは、そのまま使用するのではなく、必要に応じて微調整を加えることが大切です。
この微調整により、サウンドを自分のトラックに合うようにカスタマイズできます。
スマートランダマイザーで気に入ったサウンドが出た場合は、その設定を保存しておくことをお勧めします。
後で同じサウンドを再現したいときに役立ちます。

スマートランダマイザーは、Lofi Keysを使用する上での魅力的な機能の一つです。
この機能を活用することで、音楽制作のプロセスがより創造的で楽しいものになるはずです。

マスターボリュームとドライ/ウェットコントロール


Lofi Keys-img14 Lofi Keys-img13

右上にあるLofi Keysのマスターボリュームにより、全体の音量を調整できます。
また、エフェクトのドライ/ウェットコントロールを使って、原音とエフェクト音のバランスを調整することができます。

Lofi Keysの実践活用例


ローファイ・ジャンルのトラック制作では、ビンテージなピアノやキーボードのサウンドをベースに、ノイズやモジュレーションエフェクトを加えることで、リラックスした雰囲気のトラックを作成することができます。
また、ADSR設定を変更して、より短い音やパッドのような長い音を生み出し、曲の雰囲気を変えることもできます。
さらに、スマートランダマイザーを利用して、新しい音色のインスピレーションを得ることもいいと思います。

まとめ


Lofi Keysは、ローファイ音楽制作において非常に強力なツールです。
直感的な操作性と豊富なカスタマイズオプションにより、初心者からプロまで幅広いユーザーが自分の音楽的アイデアを表現するために利用できます。
この記事を読むことで、Lofi Keysの基本的な使用方法から応用テクニックまで理解し、ローファイ音楽制作の幅を広げることができればと思います。


アフィリエイトリンクとその説明


下記のリンクから"商品タイトル"を購入することができます。

→Pluginboutiqueでの購入はこちらから

上部にもリンクがあります。
こちらはアフィリエイトリンクで、あなたがこのリンクを経由して購入すると、私は小さなコミッションを得ることができます。
これはあなたに追加費用はかかりませんが、私のブログの運営を支える手段となります。
私たちの提供する情報が役立つと感じた場合、購入をご検討いただけますと幸いです。


YouTube動画













サウンドハウス

LC_Banner600x100JPN.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

最新記事

Karanyi Sounds - Matra レビュー デュアルディレイエンジンで幻想的なエコーを作り出し、独創的な音色を実現 !スマートランダムボタンで即座にインスピレーションも!
【約50%OFF】Pluginboutiqueにてレイブやエレクトロニックミュージック制作に特化したサンプラーベースのインスト・プラグイン、Audio Blast『Rave Generator 3』が3月1日までセール中!
【20%OFFセール・新着】LoopCloud対応 テックハウス業界トップからインスピレーションを受けた著作権フリーサンプルパック音源、Singomakers『Tech House x Female Vocals』リリース!
【新着】LoopCloud対応 モジュラーシンセによるアナログとデジタルの融合から生まれるハードダンス向け著作権フリーサンプルパック音源、Blind Audio『Hard Industrial Modular Techno』リリース!
REAKTOR Instruments - Beezlebaum レビュー Moog Voyager風の連続可変波形オシレータを2つ搭載したREAKTOR用サブトラクティブ・モノシンセ
【Plugin Boutique限定セールは2/15まで】 UJAM Beatmaker - CIRCUITS レビュー クラシックな初期のデジタル&アナログ・ドラムマシンのサウンドとグルーブを再現したプラグイン・インストルメント
【新着】LoopCloud対応 Skream、Benga、HamdiにインスパイアされたUKダブステップの新時代を切り拓くサンプルパック、Rewind Samples『Immortal: UK Dubstep』リリース!
【新着】LoopCloud対応 独特のPhonkサウンドでトラックに革新的な響きをもたらす、トラップ向け著作権フリーサンプルパック音源、21STRXXT Samples『Blueberry Phonk Vol. 1』リリース!
iZotope - Stutter Edit 2 レビュー サンプル、トラック、ミックスをスライスして、よく知られている「スタッター」効果をワンボタンで作成することができるプラグイン
【新着】LoopCloud対応 伝説的なシンセサイザーが詰まった90年代のハウスミュージックの魅力を現代に蘇らせる著作権フリーサンプルパック音源『Back To The Old Skool』リリース!
【新着】LoopCloud対応 日本レーベル「Tsunami Track Sounds」よりLyan Musicによる革新的なポップからサイケデリックトランス向け著作権フリーサンプルパック音源、『Psycho Psytrance』リリース!
LoopCloud対応のテクノ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、Unity Records『Unity Samples Vol.26 by D-Unity, Marck D』
【新着】LoopCloud対応 HardstyleとHard Technoの融合が生み出す、前代未聞の著作権フリーサンプルパック音源、Industrial Strength『Hardstyle Techno』リリース!
【新着】LoopCloud対応 日常の音をユニークなパーカッションに変える独創的なビートを収録したサンプルパック、Blind Audio『Object Obscura - Organic Rhythms』リリース!
【新着】LoopCloud対応 98〜126BPMの伝統的アフロビートのボーカルフレーズ&ループを収録した著作権フリーサンプルパック音源、Vital Vocals『Afrobeat Vocal Drops』リリース!
【新着】LoopCloud対応 ディープハウス向けの豊かなループ、メロディックなサウンド、MIDIファイル著作権を収録したフリーサンプルパック音源『Deep & Organic House』リリース!
Native Instruments - KONTAKT用音源『LORES』 レビュー 373のプリセットが含まれた自然な音色を持つ楽器の音を集めた「Organic Texture Instrument」
【新着】LoopCloud対応 PhaseOne, MARAUDA風のトラック作成に最適なダブステップ向け作曲に最適な著作権フリーサンプルパック音源、HY2ROGEN『Dubstep Revolution』リリース!
【新着】日本レーベル『Tsunami Track Sounds』よりLoopCloud対応 80年代ファンク&ディスコを融合した著作権フリーサンプルパック音源、『Yoake Funk House』リリース!
MNTRA Instruments -Oro レビュー 魔法のように変化するコロンビア楽器のプラグインインスト、170以上のプリセット、84種のインスト、自然のサウンドスケープで創造的な音楽世界へ