fc2ブログ

新旧DTM機器、プラグイン、サンプルパック等の独自レビュー・新製品、特価情報、フリープラグイン、フリー音源等をご紹介しています

カテゴリ一覧

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

※本サイトでは、アフィリエイト広告を利用、またはプロモーション記事が含まれている場合があります。 soundcluodjp.jpg Loopcloud Music App from Loopmasters.com サウンドハウス
メールアドレスを登録して頂ければ、ページ更新時にメールでお知らせ致します。 専用のpingooサービスを利用していますので、管理人からメールアドレスはわかりませんのでご安心下さい

↓メールアドレスを入力して下さい↓


提供:PINGOO!


このブログを気にいった方は
Blog Rankingバナーの
クリックをお願いいたします

楽天

タイムセール

最近の記事

- コメント

Roland RH-300

サウンドハウス



rh300.jpg


Roland RH-300を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Roland RH-300
希望小売価格17,640円
■■■Roland RH-300機材情報■■■

Roland RH-300を箱から出してまず驚くのはデザインが
スタジオ・モニターの次期定番を狙っているのだという想いが伝わってきます。
MDR-CD900STはスタジオでよく使用されているので、
モニター用ヘッドフォンの新製品は、どうしても比較されてしまいます。
そこで今回は両者の比較をしてみたいと思います。
まずはスペック、どちらも形式は密閉ダイミック型。
再生周波数帯域はRoland RH-300が10~25,000Hz
なのに対して、MDR-CD900STが5~30,000Hz。
最大許容人力は1,600mW対1,000mW、インピーダンスは40Ω対63Ω、
本体重量は250g対200gです。
ここから想像できるのは、Roland RH-300の方が
パワーを突っ込めて、なおかつ同じパワーのヘッドフォン・アンプで
鳴らした場合に音量が大きく感じるのだろうということです。
 Roland RH-300を早速装着してみます。
重さも大きさもさほど変わらない両者でありますが
装着感には随分と違いがあります。
Roland RH-300の方が装着感が強い。
かといって締め付けが強いというわけではないのが
なかなかうまいセッティングだと思います。
またRoland RH-300の方がユニット部が一回り大きく、
イア・パッドの中に耳がすっぽり収まる大きさなのも好印象です。
 では肝心の音のチェックをしてみます。
Roland RH-300は密閉感があるのでかなり低域が
強調されていると予想しましたが、それに反してかなりナチュラルな低域です。
パワー感も十分。大きな音で聴いても耳が痛くなりません
早速EQをかまして特性を探ってみると、3.5kHz辺りがへこんでいる感じです。
この帯域はスネアなどリズム関係の派手さを出す部分なので
随分と曲の印象が違って聴こえます。
そこでEQで3.5kHz辺りを4dBくらい持ち上げてみる。
するとMDR-CD900STで聴いていたときと近い感じになりました。
 しかしこれはMDR-CD900STと比較すればの特性ではMDR-CD900ST
3.5kHzに若干のピークがある特性であるのを考えると、
Roland RH-300のほうがクセが無くフラットに
近い特性であるとも言えると思います。
 今や自宅でミキシングしている人が随分多くなってます。
その多くは大きな音が出せないような住環境だったりします、
お値段など十分にリスニング・モニターとして使用できると感じました。
許容人力レベルの大きさも楽器などで直接使用する際に
大きな武器になるのではないでしょうか

■■■Roland RH-300スペック■■■

■形式:密閉型ダイナミック・ステレオ・ヘッドフオン
■周波数特性:10Hz~25kHz
■インピーダンス:40Ω
■感度:101dB/mW
■最大入力:1,600mW
■重量:250g(コードを除く)

Roland RH-300を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

Roland RH-300を国内最低価格保証のサウンドハウスでみる

サンプリングCD・ムービー素材集LGR LABEL
http://www.lgril.com/

関連記事

FC2カウンター

最新記事

最新テクノサウンド集: 「Unity Samples Vol.35」レビュー: Marck Dのキットで可能性を広げよう
Wave Alchemy - Glow レビュー 80年代サウンド再現!RMX Reverbで懐かしのアンビエントを体験
【ディープなアンビエントヒップホップ体験】Blind Audioが贈るサンプルパック「Somnum Aeternum」
ディープなグルーヴを創造する!サンプルパック「Glitched Minimal House」の魅力と活用法
80年代のPCM-60サウンドを現代の技術で蘇らせる、Pulseプラグイン詳細レビュー(オリジナルとの比較あり)
サウンドスケープの新境地!Polyscape Novaで創る80年代・90年代風の音楽 プラグインレビュー
サブベースからダブステップまでのベース音源Excite Audio - Bloom Bass Impulse活用法
Nepheton 2徹底解説!TR-808超えのポテンシャルを持つ最新ドラムマシンの魅力
サウンドデザイナーの魂が息づく『Synth Odyssey』サンプルコレクションの世界
Habischman Analog Sensesで創造性を解放!最新サンプルパックの魅力を紹介
心地よいソウル音楽の世界へ誘うサンプルパック「Sweet Soul Guitars」の魅力
最新のエレクトロビートを作る!サンプルパック「Impulse Sequence」レビュー
最先端のテクノサウンドを求めるあなたへ!Techno Decentで創造力を解放
【新着】アフリカの魂を音楽に込めたサンプルパック『Voices From The Motherland』の魅力を紹介
最新ソウル・RnBトラックを彩る魅力的なボーカルサンプルパック『Velvet Voices - Future RnB Vocals』
最新トレンドを捉えたGlobal Psytrance Trendsサンプルパックでサイケデリックトランスを制覇
【特価£5】LoopCloud対応 テックハウスとスペイン調のボーカルを組み合わせた著作権フリーサンプルパック音源、SHARP『Tech House Latino』
『VirtualCZ限定セール』80年代初期デジタルシンセを再現&新機能で音楽制作を革新2/25まで
【新着】トランスとサイトランスに新風もたらすサンプルパック『New Era Trance』リリース
【新着】LoopCloud対応 Pigments 5やAvenger 2用のパッチも収録したテクノ制作の新境地を開拓する著作権フリーサンプルパック音源、ZTEKNO『Techno Pulse Lab』リリース!